UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 6349

VCS - タイミング シミュレーションに対して SDF ファイルをバック アノテートする方法について

説明

キーワード : VCS, VCSI, SDF, バックアノテート

重要度 : 標準

概要 :
VCS を使用したタイミング シミュレーションに対して SDF ファイルをバック アノテートする方法について

SDF ファイルから遅延値をバックアノテートする方法は 2 つあります。

- コンパイル時に SDF ファイルをコンパイルする
- ランタイムじに ASCII SDF ファイルを読み込む

ソリューション

1

コンパイル時に SDF ファイルをコンパイルするには、+compsdf オプションを次のように使用します。

vcsi -R -f options.f +compsdf

VCS では、最上位シミュレーション ネットリストと同名の SDF ファイルがデフォルトで使用されます。 別の SDF ファイルを使用する場合は、-compsdf オプションの後ろに SDF ファイルの名前を指定してください。この場合、コマンド ラインに TAB ファイルを指定する必要はありません。VCS では自動的に必要な機能が決定されます。

2

ACII SDF ファイルをランタイム時に読み込むには、-P オプションを次のように使用して TAB ファイルを指定する必要があります。

$sdf_annotate システム タスクを C ファンクションの sdf_annotate_call にマップする PLI テーブル ファイル (sdf.tab) を作成してください。 次のように -P オプションを使用してこのファイルを指定します。

vcs -P sdf.tab -y $XILINX/verilog/src/simprims +libext+.v time_sim.v

次は、デザインの sdf.tab ファイルの記述例です。

$sdf_annotate call=sdf_ annotate_ call acc+=tchk, mp, mipb:%CELL+
AR# 6349
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般