AR# 63493

MIG 7 Series - カスタマーの大規模デザインでリモート作成された MIG コアを再生成するとエラーが発生する

説明

問題の発生したバージョン : MIG 7 Series v2.3
修正バージョン : (ザイリンクス アンサー 54025) を参照

Vivado プロジェクトに MIG コアをリモートで追加して、合成を実行しました。

MIG コアは以前に生成されたもので、最新であるにもかかわらず、MIG コアの OOC 合成 run で次のようなエラー メッセージが表示されます。

---------------------------------------------------------------------------------
Starting RTL Elaboration : Time (s): cpu = 00:00:14 ; elapsed = 00:00:22 . Memory (MB): peak = 309.398 ; gain = 144.738
---------------------------------------------------------------------------------
INFO: [Synth 8-638] synthesizing module 'mig_7series_tst' [f:/DDR3_Store/IP/mig_7series_tst/mig_7series_tst/user_design/rtl/mig_7series_tst.v:69]
ERROR: [Synth 8-439] module 'mig_7series_tst_mig' not found [f:/DDR3_Store/IP/mig_7series_tst/mig_7series_tst/user_design/rtl/mig_7series_tst.v:148]
ERROR: [Synth 8-285] failed synthesizing module 'mig_7series_tst' [f:/1037356/DDR3_Store/IP/mig_7series_tst/mig_7series_tst/user_design/rtl/mig_7series_tst.v:69]
---------------------------------------------------------------------------------
Finished RTL Elaboration : Time (s): cpu = 00:00:16 ; elapsed = 00:00:24 . Memory (MB): peak = 345.309 ; gain = 180.648
---------------------------------------------------------------------------------


ソリューション

ターゲット プロジェクトと言語設定が異なる Manage IP プロジェクトからリモートで生成した MIG IP コアを使用すると、このような問題が発生する場合があります。

この結果、MIG IP が古いものとなり、ターゲット プロジェクトでコアを再生成することが要求されます。 

これは予測される動作です。

しかし、プロジェクト言語が一致しないため MIG コアの再生成は完了せず、結果このようなエラー メッセージが表示されます。

この問題の回避策としては、次のオプションがあります。

  • ターゲット プロジェクトで IP をロックする。
  • 両プロジェクトの言語設定を同じにする。
  • MIG コアをユーザー管理にする (IS_MANAGED プロパティを 0 にする)。
  • XCI ファイルを読み取り専用にする。


改訂履歴
2015/2/02 - 初版 

AR# 63493
日付 03/23/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略
IP