UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 63525

LogiCORE IP LTE Fast Fourier Transform v2.0 (Rev.6) - オーバーフローが発生したときにオーバーフロー フラグがアサートされない

説明

IP をバースト I/O アーキテクチャ、スケーリング、ビット反転出力、およびオーバーフロー出力 (およびポイント サイズが 1536)を使用してコンフィギュレーションすると、オーバーフローが発生したときにオーバーフロー フラグがアサートされないことがあります。

IP の C モデルは影響を受けず、予測どおりに機能します。

ソリューション

これは、LTE Fast Fourier Transform v2.0 での既知の問題です。

回避策の 1 つは、自然順出力を使用することです。

この回避策は、使用される制御ロジックがビット反転出力の場合とは異なり、自然順出力ロジックは予測どおりに動作するので機能します。 

2 つ目の回避策としては、控えめなスケーリング スケジュールを使用してオーバーフローが発生しないようにします。

詳細は、IP の製品ガイドを参照してください。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54482 Vivado 2013.1 以降の LogiCORE IP LTE Fast Fourier Transform コアの IP リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 63525
日付 02/16/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
IP
このページをブックマークに追加