UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 63552

2013.3/14.7 - Zynq FSBL - MD5 を使用した場合のフォールバック イメージ オフセット処理の問題

説明

MD5 チェックサムを算出する際、チェックサム オフセットがイメージの始点からの相対アドレスではなく直接使用されます。
 
そのため、イメージがフラッシュ オフセット 0x0 の場合は MD5 チェックサムは機能しますが、イメージがフラッシュの 0x100000 である場合は MD5 チェックサムでエラーが発生します。

ソリューション

この問題を回避するには、次のコードの例に従ってください。この例では、チェックサムを変更した場合に相対オフセットが使用されるよう変更されています。
 
LoadBootImage()
{
 
            if (PartitionChecksumFlag) {
                                                /*
                                                 * Validate the partition data with checksum
                                                 */
                                                Status = ValidateParition(PartitionStartAddr,
                                                                        (PartitionTotalSize << WORD_LENGTH_SHIFT),
                                                                        ImageStartAddress  +
                                                                        (PartitionChecksumOffset << WORD_LENGTH_SHIFT));
            }
}
ISE Design Suite でこの問題が修正される予定はありません。

この問題は、Vivado Design Suite 2014.3 で修正されています。
 
AR# 63552
日付 02/23/2015
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
このページをブックマークに追加