AR# 63704

UltraScale GTH/GTY - 非同期ギアボックス モードを使用しているときに内部 PRBS パターン ジェネレーターを使用するよう切り替える方法

説明

非同期ギアボックスをイネーブルにすると、TXPRBSSEL ポートを切り替えて PRBS ジェネレーターをイネーブルにすることができません。   

 
 
 

ソリューション

GT が非同期ギアボックス モードで動作するようコンフィギュレーションされている場合、PRBS ジェネレーターを機能させるためには次の手順を実行する必要があります。


非同期ギアボックス モードに戻るには、すべての変更を取り消して PCS をリセットします。 

一部の変更は属性に対するものなので、DRP が必要です。

  1. TXPCSRESET をアサートして PCS をリセットします。
     
  2. DRP を介して属性 TXGEARBOX_EN = 1'b0 を設定します。
    元の値は 1'b1 です。
     
  3. ポート TXOUTCLKSEL を 3'b010 (TXOUTCLKPMA) に設定します。
    元の値は 3'b101 (TXPROGDIVCLK) です。
     
  4. DRP を介して属性 TXBUF_EN = 1'b1 (TX バッファーをイネーブル) を設定します。
    元の値は 1'b0 です。
     
  5. TXPRBSEL および RXPRBSEL を必要な PRBS パターンを設定します。
    元の値は 4'b0000 (Pat Gen/Chk off) です。
     
  6. TXPCSRESET を解放します。
     
この手順は、今後のバージョンの UltraScale GTH および GTY ユーザー ガイドに記載される予定です。 
AR# 63704
日付 04/08/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス