AR# 63852

UltraScale DDR3 - HR バンクを使用する場合 reset_property コマンドを用いてすべてのポートの output_impedance をアップデートする必要がある

説明

MIG UltraScale の HR バンクのサポートには DDR3 インターフェイスしか含まれません。 

2015.1 以降、I/O ピン プランニングは MIG のカスタマイズ GUI から Vivado I/O ピン プランナーへ移動しました。 

この変更により、MIG IP の生成時に I/O 列 (HP と HR) が把握されません。 

ほとんどのメモリ インターフェイス デザインは HP バンクに配置されるため、HR バンクに必要な出力インピーダンスが設定されません。 

手動による変更が必要となり、このアンサーでその詳細を説明します。

ソリューション

HR バンクについては、次の reset_property コマンドを使用して HR バンクに割り当てた全ポートの output_impedance をアップデートする必要があります。

reset_property OUTPUT_IMPEDANCE [get_ports [list <MIG port list> ]] 

output_impedance をリセットできない場合、配置実行中に次のエラー メッセージが表示されます。

ERROR: [DRC 23-20] Rule violation (PORTPROP-9) Attribute compatibility with bank type - Port c0_ddr3_addr[0] has property OUTPUT_IMPEDANCE set, but this property is not compatible with the port's bank type (High Range)

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
69036 UltraScale/UltraScale+ DDR3 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 63852
日付 01/12/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
IP