AR# 63900

|

SRIO Gen2 - 2015.1 での v3.2 から v3.3 への自動アップグレード

説明

Vivado 2014.3 から 2015.1 でリリースされた srio_gen2 core に基づいてシステムを自動アップグレードすると、自動アップグレード ログに次のような情報が表示されます。
 
Upgrade Log for IP '<design_name>_srio_gen2_<instance_name>' 
 
       1. Summary ---------- 
           SUCCESS in the upgrade of design_1_srio_gen2_0_0 from xilinx.com:ip:srio_gen2:3.2 to xilinx.com:ip:srio_gen2:3.3 
      
       2. Interface Information ------------------------ 
              Detected external interface differences while upgrading IP 'design_1_srio_gen2_0_0'.  
              -upgrade has removed interface 'RDIREQ'
              -upgrade has removed interface 'RDTREQ'
              -upgrade has removed interface 'RDTRESP'
              -upgrade has removed interface 'RW_IO_RD_IRESP'
              -upgrade has removed interface 'WRIREQ'
              -upgrade has removed interface 'WRIRESP'
              -upgrade has removed interface 'WRTREQ'
 

ソリューション

このメッセージは無視しても問題ありません。


このメッセージのインターフェイスは非表示にはなっていますが、2014.3 でリリースされたコアの XML には含まれています。

これらは、2015.1 でリリースされた srio_gen2_v3_3 コアの XML からは削除されています。
 
これらのインターフェイスは、アクティブではなかったので、ユーザーには表示されないようになっていました。

これらのインターフェイスの機能は常に 0 に接続されていました。
 
これらのインターフェイスを削除したことで、コア内で駆動されていない信号に関して混乱を招く可能性のある警告メッセージは表示されなくなっています。
AR# 63900
日付 04/30/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
People Also Viewed