AR# 64421

MIG 7 Series - ECC を使用する DDR3 AXI デザインにハードウェア エラーが発生する

説明

問題の発生したバージョン : MIG 7 Series v2.3

修正バージョン : (Xilinx Answer 54025) を参照

AXI を有効にした、ECC (72 ビット) を使用する MIG 7 Series DDR3 デザインにハードウェア エラーが発生します。

ソリューション

Verilog ファイル mig_7series_v2_3_ecc_gen.v に RTL 構文の問題があります。

 for (index=0; index<ECC_WIDTH; index=index+1)
        begin
          // The "== 1'bx" is so this will converge at time zero.
          // XST assumes false, which should be OK.
          if ((&i == 1'bx) || trig1) next_combo[index] = i[index];
          else begin
            next_combo[index] = 1'b0;
            ones = ones + i[index];
            if (i[index] && seen0) begin
              trig1 = 1'b1;
              for (dump_index=index-1; dump_index>=0;dump_index=dump_index-1)
                if (dump_index>=index-ones) next_combo[dump_index] = 1'b1; 
            end              
            seen0 = ~i[index];
          end // else: !if(trig1)
        end        

条件 &i == 1'bx の結果はコメントどおりに FALSE となることが考えられます。しかし、予期動作とは異なり、ECC エラーがレポートされます。

回避策として、== 1'bx のチェックが削除されるように RTL をアップデートします。

変更前 :

if ((&i == 1'bx) || trig1) next_combo[index] = i[index];

変更後 :

if (trig1) next_combo[index] = i[index];

この動作は、ハードウェアでのみ確認され、シミュレーションでは発生しません。

IP RTL ファイルの変更方法は、(Xilinx Answer 57546) を参照してください。

注記 : [問題の発生したバージョン] 列には、問題が最初に見つかったバージョンを示します。問題はそれ以前のバージョンでも発生していた可能性がありますが、以前のバージョンではそれを検証するテストは実行されていません。

改訂履歴

2015/12/11 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54025 MIG 7 Series - Vivado の IP リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 64421
日付 12/22/2015
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
IP