AR# 64906

Zynq-7000 SoC ZC706 評価キット - ZC706 フラッシュを復元すると問題が発生する

説明

XTP247 を使用して ZC706 フラッシュの内容を復元する場合、ターゲットに接続しようとしているときに、問題が発生する可能性があります。




SDK でザイリンク スケーブル USB II および zc706_restore_flash ディレクトリにある boot.mcs ファイルを使用してフラッシュをプログラムすると、プログラムがループ状態になります。

ソリューション

この問題が発生する場合、Zynq PS がセキュア ロックダウン状態になっている可能性が高いです。

セキュア ロックダウン モードになっていると、JTAG チェーンから DAP がディスエーブルになります。

つまり、PL のみが利用可能だということになり、QSPI 間接プログラムがエラーになります。 


ZC706 ボードを使用する場合は、コンフィギュレーション モードを JTAG カスケードに設定し(SW11=All Zero=000000)、ボードに電源を投入して起動させます。

それから boot.mcs スクリプトを再実行します。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
51899 Zynq-7000 SoC ZC706 評価キット - リリース ノートおよび既知の問題 - マスター アンサー N/A N/A
AR# 64906
日付 06/13/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
Boards & Kits