AR# 65074

AXI Bridge for PCIe Gen3 (Vivado 2015.2) - 間違った tkeep 値が TSK_TX_MEMORY_WRITE_32 で使用される

説明

問題の発生したバージョン : v1.1 (Rev1)

修正バージョンおよびその他の既知の問題 : (ザイリンクス アンサー 61898)
を参照

AXI Bridge for PCIe Gen3 サンプル デザインのルート ポート (RP) モデルでは、メモリ書き込み要求パケットが正しく送信されません。これは、RP がアドレスに揃えられるモードに設定されており、s_axis_rq_tkeep の値が固定されているためです。

ソリューション

これは既知の問題で、次のコア リリースで修正される予定です。

現在のリリースでこの問題を修正するには、次のように pcie_exp_usrapp_tx.v を変更してください。

行 1355 :

変更前 :

                          1 : begin len_i_c = len_i_c - 1;  end  // D0---------
                          2 : begin len_i_c = len_i_c - 2;  end  // D0-D1--------
                          3 : begin len_i_c = len_i_c - 3;  end  // D0-D1-D2-------
                          4 : begin len_i_c = len_i_c - 4;  end  // D0-D1-D2-D3------
                          5 : begin len_i_c = len_i_c - 5;  end  // D0-D1-D2-D3-D4-----
                          6 : begin len_i_c = len_i_c - 6;  end  // D0-D1-D2-D3-D4-D5--
                          7 : begin len_i_c = len_i_c - 7;  end  // D0-D1-D2-D3-D4-D5-D6
                          0 : begin len_i_c = len_i_c - 8;  end  // D0-D1-D2-D3-D4-D5-D6-D7----

変更後 :

                          1 : begin len_i_c = len_i_c - 1; s_axis_rq_tkeep <= #(Tcq) 8'h01; end  // D0---------
                          2 : begin len_i_c = len_i_c - 2; s_axis_rq_tkeep <= #(Tcq) 8'h03; end  // D0-D1--------
                          3 : begin len_i_c = len_i_c - 3; s_axis_rq_tkeep <= #(Tcq) 8'h07; end  // D0-D1-D2-------
                          4 : begin len_i_c = len_i_c - 4; s_axis_rq_tkeep <= #(Tcq) 8'h0F; end  // D0-D1-D2-D3------
                          5 : begin len_i_c = len_i_c - 5; s_axis_rq_tkeep <= #(Tcq) 8'h1F; end  // D0-D1-D2-D3-D4-----
                          6 : begin len_i_c = len_i_c - 6; s_axis_rq_tkeep <= #(Tcq) 8'h3F; end  // D0-D1-D2-D3-D4-D5--
                          7 : begin len_i_c = len_i_c - 7; s_axis_rq_tkeep <= #(Tcq) 8'h7F; end  // D0-D1-D2-D3-D4-D5-D6
                          0 : begin len_i_c = len_i_c - 8; s_axis_rq_tkeep <= #(Tcq) 8'hFF; end  // D0-D1-D2-D3-D4-D5-D6-D7----


行 1365 :

変更前 :

      len_i_c = len_i_c - 8;

変更後 :

      begin len_i_c = len_i_c - 8; s_axis_rq_tkeep <= #(Tcq) 8'hFF; end

注記 : 「問題の発生したバージョン」は、問題が最初に発見されたバージョンを示します。

問題はそれ以前のバージョンでも発生していた可能性がありますが、以前のバージョンではそれを検証するテストは行われていません。


改訂履歴

2015/08/19 - 初版

AR# 65074
日付 08/26/2015
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
IP