UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 65402

Soft Error Mitigation (SEM) IP - コンフィギュレーション メモリへのエラー挿入を実行すると高性能インターフェイスでビット エラーが発生することがある

説明

関連性のない、またな非エッセンシャルなコンフィギュレーション メモリへエラーを間髪入れずに連続して挿入すると、デザインの I/O インターフェイスでエラーが発生することがあります (たとえば、GT インターフェイスまたは高速メモリ インターフェイスでビット エラー率が増加する)。

ソリューション

Soft Error Mitigation (SEM) IP のエラー挿入機能は、デザインの回復性をテストする目的と、実際にソフト エラーが発生した場合のデザインの動作をエミュレートする目的で提供されているツールです。

SEM IP を使用してエラー挿入を頻繁に実行すると I/O インターフェイスでのエラー率が増加しますが、これはデザインのジッター バジェットが不十分または厳しいものであることを意味している可能性があります。

デザインのジッターを最小にするために推奨されるクロッキング方式およびその他のガイドラインに則っていることを確認してください。

エラー挿入ガイダンスの詳細 :

1) (Xilinx Answer 61241) を参照

2) UltraScale の場合は、PG187 (2015.3 以降) の第 4 章にある「統合およびバリデーション」と付録 C : エラー挿入のガイダンスを参照

3) 7 シリーズの場合は、PG036 (2015.3 以降) の第 4 章にある「統合およびバリデーション」を参照

AR# 65402
日付 10/23/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Kintex UltraScale
  • Virtex UltraScale
このページをブックマークに追加