UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 65414

MIG 7 Series QDRII+、RLDRAM3、RLDRAM2 のデザイン アドバイザリ - Vivado 2015.3 に含まれる MIG 7 Series v2.4 のキャリブレーション アップデートにより書き込みおよび読み出しマージンが増加

説明

このデザイン アドバイザリでは、Vivado 2015.3 に含まれる MIG 7 Series v2.4 にキャリブレーション アップデートが適用されており、QDRII+、RLDRAM3、および RLDRAM2 IP のマージンが増加していることを示します。

このアップデートは、MIG 7 Series v2.4 QDRII+、RLDRAM3、および RLDRAM2 デザインに含まれています。

このアンサーでは、アップデートの内容と、新規および既存のシステムでこのアップデートが推奨されるかどうかを説明します。

ソリューション

MIG 7 Series v2.4 に含まれるアップデートは、次のとおりです。

  • 書き込みキャリブレーションのアップデート : 400MHz 以上で動作する RLDRAM2 および QDRII+ SRAM インターフェイス
  • 読み出しキャリブレーションのアップデート : 400MHz 以上で動作する RLDRAM2、RLDRAM3、および QDRII+ の複雑な読み出しキャリブレーション
  • 追加のアップデート : すべての周波数で 2 つの 18 ビット コンポーネントとインターフェイスする 36 ビット QDRII+ コントローラー

書き込みキャリブレーションの変更の詳細 :

書き込み K を書き込み D アイの中央に揃える操作は、これまでは Phaser_OUT タップの調整によりウィンドウ エッジを検出して実行されていました。
このアルゴリズムは、プロセス変動の全範囲で Phaser_OUT タップを理想的な位置 (中央) に配置しないため、書き込みクロックが中央から左または右にシフトします。

新しいアルゴリズムでは、MMCM を使用して正確な位相調整を実行してウィンドウを判断し、書き込みストローブを書き込みデータ アイの真の中央に配置します。
MMCM は追加されません。ファブリック クロック PHY_Clk を作成するために MIG で生成されたデザインに既に含まれている MMCM が書き込みキャリブレーションにも使用されます。

ただし、位相調整を実行するために新しい MMCM 出力が追加されており、追加の BUFG が必要です。

書き込みキャリブレーション ロジックへのこれらのアップデートにより、ハードウェアでキャリブレーションの完了にかかる時間が増加します。
高い周波数を使用すると、位相調整を完了するために必要な読み出しおよび書き込みが低い周波数の場合よりも短時間で完了するので、キャリブレーション時間は短くなります。
FAST モードを使用した場合のシミュレーション時間は、ほとんど影響を受けません。

読み出しキャリブレーションの変更の詳細 :

複雑な読み出しキャリブレーションで使用されるパターンが変更され、ウィンドウ検出の精度が高常時、読み出しマージンが増加しています。

2 つの 18 ビット コンポーネントをインターフェイスする QDRII+ コントローラーの詳細

2 つの 18 ビット コンポーネントをインターフェイスして 36 ビット幅のインターフェイスを構築する際は、v2.4 を使用する必要があります。
これより前のバージョンでは、書き込みキャリブレーションにより最初のコンポーネントのみがキャリブレーションされることがあり、これによりキャリブレーション エラーまたはデータ エラーが発生する可能性があります。

MIG バージョン アップデートの推奨事項 :

新規デザインおよびプロダクション段階に達していないデザインでは、最大のマージンを達成するため MIG 7 Series v2.4 にアップデートしてください。
アップデートは、400MHz 以上で動作する RLDRAM2、RLDRAM3,および QDRII+ デザイン、または 2 つの 18 ビット コンポーネントを使用する 36 ビット QDRII+ デザインにのみ適用されます。

既にプロダクション段階のシステムでは、システム テストを完了しており、書き込みマージン エラーが発生していない場合は、アップデートは推奨されますが、必須ではありません。
プロダクション サイクルで BIT ファイルのアップデートが可能である場合は、MIG 7 Series v2.4 を含めることをお勧めします。

デザインをアップデートするかどうかを判断しかねる場合は、サービス リクエストを開いてください。

AR# 65414
日付 11/23/2015
ステータス アクティブ
種類 デザイン アドバイザリ
デバイス
  • Kintex-7
  • Virtex-7
ツール
  • Vivado Design Suite - 2015.3
  • Vivado Design Suite - 2015.2
  • Vivado Design Suite - 2015.1
IP
  • MIG 7 Series
このページをブックマークに追加