UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 65449

LogiCORE IP Video Processing Subsystem (VPSS) - Vivado ツール 2015.3 バージョン以降のリリース ノートおよび既知の問題

説明

このアンサーでは、Video Processing Subsystem コアのリリース ノートおよび既知の問題を示します。次の情報が記載されています。

  • 一般情報
  • 既知の問題および修正された問題
  • 改訂履歴

Video Processing Subsystem ページ:

https://japan.xilinx.com/products/intellectual-property/video-processing-subsystem.html

ソリューション

一般情報:


サポートされるデバイスは、次の 3 つの場所から確認できます。

各バージョンにおける新機能と追加されたデバイス サポートのリスト

  • Subsystem または IP - Vivado に含まれるコアの変更ログ ファイルを参照。
  • Subsystem または IP - 下の変更ログのリンクをクリック。
  • スタンドアロン ソフトウェア ドライバー - ザイリンクス SDK に含まれる Doxygen ドライバーの変更ログを参照
  • スタンドアロン ソフトウェア ドライバー - GitHub ソフトウェア ドライバー リポジトリ
  • Linux ドライバー - Xilinx Wiki (VPSS を検索)
サポート:

テクニカル サポートは、ザイリンクス コミュニティ フォーラムのビデオ ボードをご活用ください。

ザイリンクス フォーラムを利用すると、問題解決に役立ちます。

ザイリンクス コミュニティに質問したり、ザイリンクス エキスパートと協力したりして、ソリューションを見つけ出すことができます。


バージョン対照表

次の表に、コアの各バージョンに対して、それが最初に含まれた Vivado デザイン ツールのバージョンを示します。

コアのバージョンVivado のバージョンSubsystem 変更ログIP パッチスタンドアロン ソフトウェア ドライバー パッチ
v2.22019.2(Xilinx Answer 72923)
v2.12019.1(Xilinx Answer 72242)
v2.0 (Rev. 10)2018.3(Xilinx Answer 71806)
v2.0 (Rev. 9)2018.2(Xilinx Answer 71212)
v2.0 (Rev. 8)2018.1(Xilinx Answer 70699)(Xilinx Answer 67186)
v2.0 (Rev. 7)2017.4(Xilinx Answer 70386)(Xilinx Answer 67186)
v2.0 (Rev. 6)2017.3(Xilinx Answer 69903)
v2.0 (Rev. 5)2017.2(Xilinx Answer 69326)
v2.0 (Rev. 4)2017.1(Xilinx Answer 69055)
v2.0 (Rev. 3)2016.4(Xilinx Answer 68369)
v2.0 (Rev. 2)2016.3(Xilinx Answer 68021)(Xilinx Answer 68199)
v2.0 (Rev. 1)2016.2(Xilinx Answer 67345)(Xilinx Answer 67375)
v2.02016.1(Xilinx Answer 66930)
v1.02015.3(Xilinx Answer 65570)

一般的なガイダンス

次の表に、LogiCORE Video Processing Subsystem を使用する際の一般的なガイダンスを含むアンサーを示します。

アンサー番号タイトル
(Xilinx Answer 72592)Vivado 2019.1 の IP のコンフィギュレーション GUI に [Use UltraRAM for Line Buffers] が表示されない
(Xilinx Answer 72233)PG231 - 2018.3 以降のバージョンでサンプル デザインの SDK プロジェクトが生成されない
(Xilinx Answer 71950)
解像度が 8K の場合、2018.3 で VPSS を使用できるか
(Xilinx Answer 71759)HLS ベースのビデオ IP を使用すると、「ERROR: [HLS 200-101] 'add_files': Too many positional arguments specified.」というエラー メッセージが表示される
(Xilinx Answer 66692)コアが正しく生成されない
(Xilinx Answer 66435)色空間のマッピングについて

既知の問題および修正された問題

次の表に、Vivado 2015.3 でリリースされた Video Processing Subsystem v1.0 以降の既知の問題を示します。

注記: [問題の発生したバージョン] 列には、問題が最初に見つかったバージョンを示しています。

問題はそれ以前のバージョンでも発生していた可能性がありますが、以前のバージョンではそれを検証するテストは実行されていません。

表 3: IP

アンサー番号タイトル問題の発生したバージョン修正バージョン
(Xilinx Answer 72427)UltraRAM を使用するとスカラーから画像アーチファクトが生じるv2.0 (Rev.7)v2.0 (Rev. 9)
(Xilinx Answer 70421)合成に Windows OS を使用していると合成エラーが発生するv2.0 (Rev.6)なし
(Xilinx Answer 65800)サンプル デザインで IP 内部のタイミングが満たされないv1.0v2.0

表 4: ソフトウェア ドライバー

アンサー番号タイトル問題の発生したバージョン修正バージョン
(Xilinx Answer 65562)色空間変換機能を使用すると出力カラー レートが正しく更新されないのはなぜかv2.0 (Rev.7)なし
(Xilinx Answer 68756)Video Processing Subsystem でカスタム解像度を使用するとコンフィギュレーション エラーが発生するのはなぜかv2.0 (Rev. 3)v2.0 (Rev. 4)
(Xilinx Answer 68212)入力を RGB に設定し、出力を YCbCr 4:2:2 または 4:2:0 に設定した場合、Full Fledged モードの VPSS で TVALID がディアサートされて出力がないv2.0 (Rev. 2)v2.0 (Rev. 3)
(Xilinx Answer 67431)複数の VPSS インスタンスのドライバー サポートv2.0v2.0 (Rev. 2)


表 5: サンブル デザイン

アンサー番号タイトル問題の発生したバージョン修正バージョン
(Xilinx Answer 73227)2019.2 で ZCU104 ボードのサンプル アプリケーションが実行されない
v2.2
なし

改訂履歴
2020/01/06バージョン対照表に v2.0 を追加し、サンプル デザインの既知の問題の表を作成
2019/08/08一般的なガイダンスに (Xilinx Answer 72592) を追加
2019/06/04既知の問題の表に (Xilinx Answer 72427) を追加
2019/05/22バージョン対照表に v2.1 を追加し、一般的なガイダンスの表に (Xilinx Answer 71950) を追加
2019/01/072018.3 のシステムの変更ログへのリンクを追加。
2018/11/28バージョン対照表に v2.0 (Rev. 9) および v2.0 (Rev. 10) を追加し、一般的なガイダンスの表に (Xilinx Answer 71759) を追加
2018/06/07(Xilinx Answer 65562) を追加
2018/04/24(Xilinx Answer 68212)(Xilinx Answer 68756)、および (Xilinx Answer 67186) を追加
2018/04/04バージョン対照表に v2.0 (Rev. 8) を追加
2018/01/17v2.0 (Rev. 6) および v2.0 (Rev. 7) をバージョン対照表に追加し、(Xilinx Answer 70421) を追加
2017/06/29バージョン対照表に v2.0 (Rev. 2)、v2.0 (Rev. 3)、v2.0 (Rev. 4)、および v2.0 (Rev. 5) を追加
2017/02/08v2.0 (Rev. 1) をバージョン対照表に追加し、(Xilinx Answer 67431) を追加
2016/07/05(Xilinx Answer 68716) を追加
2016/04/06バージョン対照表に v2.0 を追加
2016/03/07(Xilinx Answer 66692) を追加
2016/03/02リンクを修正
2016/01/19(Xilinx Answer 66435) を追加
2015/10/28誤字を修正し、(Xilinx Answer 65800) を追加
2015/09/30初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
56852 ザイリンクス マルチメディア、ビデオ、および画像ソリューション センター - 主な問題 N/A N/A

サブアンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
65800 LogiCORE IP Video Processing Subsystem v1.0 - Example design fails to meet timing inside the IP N/A N/A
66435 LogiCORE IP Video Processing Subsystem v1.0 - Clarification of color space mappings N/A N/A
66692 LogiCORE IP Video Processing Subsystem v1.0 - コアが正しく生成されない N/A N/A
67431 LogiCORE IP Video Processing Subsystem、 Software Driver V2.0 - 複数の VPSS インスタンスのドライバー サポート N/A N/A
68716 LogiCORE IP Video Processing Subsystem (VPSS) v2.0 - ロジック層が多すぎてタイミング エラーが発生する N/A N/A
70421 LogiCORE IP Test Pattern Generator (TPG) および LogiCORE IP Video Processing Subsystem (VPSS) - 合成に Windows OS を使用していると合成エラーが発生する N/A N/A
70445 2017.4 Vivado HLS - Windows OS - hls::stream インターフェイスを使用すると、生成された RTL にポートが不足する N/A N/A
68212 LogiCORE IP Video Processing Subsystem (VPSS)、Software Driver v2.1 - 入力を RGB に設定し、出力を YCbCr 4:2:2 または 4:2:0 に設定した場合、Full Fledged モードの VPSS で TVALID がディアサートされて出力がない N/A N/A
68199 LogiCORE IP Video Processing Subsystem、ソフトウェア ドライバー v2.1 - Video Processing Subsystem のソフトウェア ドライバー v2.1 のパッチ N/A N/A
68756 LogiCORE IP Video Processing Subsystem v2.0 - Video Processing Subsystem でカスタム解像度を使用するとコンフィギュレーション エラーが発生するのはなぜか N/A N/A
67186 2017.4 および 2018.1 LogiCORE IP Video Processing Subsystem、Software Driver v2.2 - Video Processing Subsystem の Software Driver v2.2 のパッチ N/A N/A
71759 HLS ベースのビデオ IP を使用すると、「ERROR: [HLS 200-101] 'add_files': Too many positional arguments specified.」というエラー メッセージが表示される N/A N/A
AR# 65449
日付 01/25/2020
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
IP
このページをブックマークに追加