AR# 65539

SEM IP - Virtex-6、7 シリーズ、Zynq-7000 デバイスをターゲットにしたLFA によるエラー挿入の有効なアドレス範囲

説明

SEM IP のエラー挿入機能は、次の機能を有効にする便利な機能です。


  • SEM IP の機能をハードウェア ベースで評価
  • 意図したとおりに IP が大きなデザインに統合されていることを確認するためのテスト
  • 意図したとおりに大きなデザインが機能していることをテスト
  • ランダム SEU イベントにもデザインが耐え得ることをテスト

コンフィギュレーション メモリにエラーを挿入する場合は、(ザイリンクス アンサー 61241) にあるガイダンスに沿うようにしてください。

ソリューション

Virtex-6、7 シリーズ、および Zynq-7000 デバイスの場合は、エラー挿入および検出の有効な LFA 範囲は LFA 0000000 から LFA 最大フレーム (MF) までです。

ターゲット デバイスの最大フレーム値は、モニターインターフェイスの Status Report コマンドを使用すると利用できます。

値は以下の表にもリストされています。


7 シリーズおよび Zynq 7000 デバイス最大フレーム (16 進数)
7A12T000009C9
7A15T000011B6
7A25T000009C9
7A35T000011B6
7A50T000011B6
7A75T00001EE8
7A100T00001EE8
7A200T000049D7
7K70T000016D0
7K160T000031BF
7K325T00005AE1
7K355T00006712
7K410T00007528
7K480T0000896E
7VX330T00006316
7VX415T00007DA4
7VX485T0000942B
7V550T0000D168
7VH580T00005F32
7V585T00009F76
7VX690T0000D168
7VH870T00005F32
7VX980T00011143
7VX1140T00005F32
7V2000T00007A23
7Z007S00000F9C
7Z012S00001BC4
7Z014S00001F0C
7Z01000000F9C
7Z01500001BC4
7Z02000001F0C
7Z03000002BAB
7Z0350000666B
7Z0450000666B
7Z10000008478
7S6000004D3
7S15000004D3
7S25000009C9
7S50000011B6
7S7500001E8A
7S10000001E8A

Virtex-6 デバイス最大フレーム (16 進数)
6VCX75T0001DF2
6VCX130T00031EA
6VCX195T0004874
6VCX240T00056F2
6VHX250T0005A22
6VHX255T0005A22
6VHX380T0008734
6VHX565T000BD58
6VLX75T0001DF2
6VLX130T00031EA
6VLX195T0004874
6VLX240T00056F2
6VLX365T0007954
6VLX550T000B5FF
6VLX760000F07F
6VSX315T000740E
6VSX475T000AE16
AR# 65539
日付 10/25/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス