AR# 65571

|

Vivado 2015.3/2015.4 - Cadence IUS でシングル ステップ オプションを用いたエクスポート シミュレーション スクリプトにエラーが発生する

説明

-single_step を有効にした IUS 用のシミュレーション スクリプトをエクスポートすると、エクスポートされたスクリプトを IUS で実行できません。

次のようなエラー メッセージが表示されます。


ncvhdl_p: *W,DLCPTH (./cds.lib,1): cds.lib No such file '/project_1/project_1.cache/compile_simlib/ies/cds.lib' (cds.lib command ignored).
./../../project_1/project_1.srcs/sources_1/ipshared/xilinx.com/microblaze_v9_5/cfde4cbb/hdl/microblaze_v9_5_vh_rfs.vhd:
ncvhdl_p: *E,ERRIPR: error within protected source code.
ncvhdl_p: *E,ERRIPR: error within protected source code.
ncvhdl_p: *E,ERRIPR: error within protected source code.
ncvhdl_p: *E,ERRIPR: error within protected source code.
ncvhdl_p: *E,ERRIPR: error within protected source code.

ソリューション

これは 2015.3 バージョンの既知の問題で、Vivado 2016.1 で修正されています。

シングル ステップ オプションなしで export_simulation を実行した場合、または launch_simulation を実行すると、エクスポートされたシミュレーション スクリプトが正しく動作します。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
63956 2015.x Vivado シミュレータ - 既知の問題 N/A N/A
AR# 65571
日付 04/26/2016
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール
People Also Viewed