UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

AR# 6583

Synplify 5.0 - Virtex デザインで使用する [Force GSR] オプションをオンにしても STARTUP_VIRTEX セルが生成されない

説明

キーワード : Synplify, GSR, Virtex, STARTUP_VIRTEX

重要度 : 標準

概要 :
Virtex デバイスのデザインをコンパイルする場合に、[Force GSR] オプションをオンにしても EDIF ネットリストに STARTUP_VIRTEX セルが生成されません。

GSR または STARTUP_VIRTEX ブロックを使用する方法はありますか。

ソリューション

GSR または STARTUP ブロックを使用するには、STARTUP_VIRTEX をインスタンシエーションする必要があります。 (詳細はザイリンクス マニュアル、『Synthesis and Simulation Design Guide』の「Using Dedicated Global Set/Reset Resource」 (http://support.xilinx.co.jp/support/sw_manuals/xilinx5/index.htm) を参照してください。


メモ : Virtex の場合、GSR を使用する代わりにリセット ネットを設計してください。セカンダリ配線の方が GSR よりもはるかに高速です。 STARTUP_VIRTEX セルを使用してデザイン全体をリセットする場合にも、独自のリセット ネットを使用することをお勧めします。

Virtex デバイスでは、GSR 配線は自作のリセット ラインよりもラッチ速度が遅くなる可能性があります。 このため Virtex では、STARTUP_VIRTEX ブロックをインスタンシエーションする必要があります。

また、STARTUP_VIRTEX ブロックは手動でインスタンシエーションすることが可能です。この場合、デフォルトで GSR を強制使用しないようにする必要があります。 この場合、STARTUP ブロックは生成されず、GSR を間違って使用することもありません。
AR# 6583
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般