UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 66004

2015.4 Vivado IP リリース ノート - すべての IP 変更ログ情報

説明

このアンサーは、Vivado 2015.4 での IP 変更をすべて 1 つにまとめたもので、Vivado Design Suite をインストールする前にすべての IP 変更をここで確認できます。

ソリューション

(c) Copyright 2015 Xilinx, Inc. All rights reserved.

This file contains confidential and proprietary informationof Xilinx, Inc. and is protected under U.S. andinternational copyright and other intellectual propertylaws.

DISCLAIMER
This disclaimer is not a license and does not grant any rights to the materials distributed herewith. Except as otherwise provided in a valid license issued to you by Xilinx, and to the maximum extent permitted by applicable law: 

(1) THESE MATERIALS ARE MADE AVAILABLE "AS IS" AND WITH ALL FAULTS, AND XILINX HEREBY DISCLAIMS ALL WARRANTIES AND CONDITIONS, EXPRESS, IMPLIED, OR STATUTORY, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, NON- INFRINGEMENT, OR FTNESS FOR ANY PARTICULAR PURPOSE; and

(2) Xilinx shall not be liable (whether in contract or tort, including negligence, or under any other theory of liability) for any loss or damage of any kind or nature related to, arising under or in connection with these materials, including for any direct, or any indirect, special, incidental, or consequential loss or damage (including loss of data, profits, goodwill, or any type of loss or damage suffered as a result of any action brought by a third party) even if such damage or loss was reasonably foreseeable or Xilinx had been advised of the possibility of the same.

CRITICAL APPLICATIONS
Xilinx products are not designed or intended to be fail-safe, or for use in any application requiring fail-safe performance, such as life-support or safety devices or systems, Class III medical devices, nuclear facilities, applications related to the deployment of airbags, or any other applications that could lead to death, personal injury, or severe property or environmental damage (individually and collectively, "Critical Applications"). Customer assumes the sole risk and liability of any use of Xilinx products in Critical Applications, subject only to applicable laws and regulations governing limitations on product liability.

THIS COPYRIGHT NOTICE AND DISCLAIMER MUST BE RETAINED AS PART OF THIS FILE AT ALL TIMES.

100G Ethernet (1.8)

* バージョン 1.8

* Kintex095 ffva1156 パッケージをサポート

* デフォルトのオプションとして CAUI-10 → CAUI-4 オプションに対するランタイム切り替え可能ケースをサポート

* Virtex UltraScale -1H および -1HV デバイスをサポート

* シミュレーションのみに対して UltraScale+ デバイスをサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G Ethernet MAC (15.0)

* バージョン 15.0 (Rev. 3)

* この製品ラインに対する UltraScale+ デバイスのサポートを削除

10G Ethernet PCS/PMA (10GBASE-R/KR) (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 3)

* UltraScale デバイスで -1L スピード グレードをサポート

* トレーニング シーケンスの PRBS11 セクションがゼロに固定されてしまう問題を修正

* この製品ラインに対する UltraScale+ デバイスのサポートを削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G Ethernet Subsystem (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 3)

* 機能上の変更はなし

* この製品ラインに対する UltraScale+ デバイスのサポートを削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

1.1G/25G Ethernet Subsystem (1.0)

* バージョン 1.1

* インプリメンテーション エラーを修正

* Virtex+ ファミリのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

1G/2.5G Ethernet PCS/PMA or SGMII (15.1)

* バージョン 15.1 (Rev. 1)

* GTXE2 および GTHE2 トランシーバーのデフォルト レイテンシ数をアップデート

* Transceiver_type ユーザー パラメーターを削除 (冗長でユーザー編集不可であったため)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

32-bit Initiator/Target for PCI (7-Series) (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 7)

* 変更なし

3GPP LTE Channel Estimator (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* AR 65470 で説明されている予期しないレイテンシの問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

3GPP LTE MIMO Decoder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

3GPP LTE MIMO Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

3GPP Mixed Mode Turbo Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

3GPP Turbo Encoder (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

3GPPLTE Turbo Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

64-bit Initiator/Target for PCI (7-Series) (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 7)

* 変更なし

7 Series FPGAs Transceivers Wizard (3.6)

* バージョン 3.6 (Rev. 1)

* XQ7K325T および XQ7K410T デバイスの新しいスピード グレードに対してサポートを追加

* XQ7Z030、XQ7Z045、および XQ7Z100 デバイスの新しいスピード グレードに対してサポートを追加

* XQ7A050T、XQ7A100T、および XQ7A200T デバイスの新しいスピード グレードに対してサポートを追加

7 Series Integrated Block for PCI Express (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 1)

* pipe モード シミュレーションで使用される sys_clk_gen のインスタンスの問題を修正。このモジュールは source ディレクトリに含まれるようになりました。

AHB-Lite to AXI Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 4)

* 変更なし

AXI 1G/2.5G Ethernet Subsystem (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 3)

* 機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI AHBLite Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 5)

* AHB インターフェイスで読み出しトランザクションにおけるコーナー ケース 1Kb 分割問題を解決するために RTL を修正

* スロットルが発生すると AXI インターフェイスで読み出しデータ チャネルと書き込み応答チャネルが間違った動作をする問題を解決するために RTL を修正

* 特定の状況 (シングル書き込みバースト) で発生する AXI インターフェイスへの AHB エラー伝搬に対して RTL を修正

AXI APB Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 4)

* 変更なし

AXI BFM Cores (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 7)

* 変更なし

AXI BRAM Controller (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Bridge for PCI Express Gen3 Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 1)

* XCKU095 デバイスの ffva1156 パッケージのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI CAN (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Central Direct Memory Access (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Chip2Chip Bridge (4.2)

* バージョン 4.2 (Rev. 7)

* Aurora drpaddr ポート幅の不一致に対してサンプル デザインをアップデート。機能上の変更はありません。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Clock Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Crossbar (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data FIFO (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data Width Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI DataMover (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Direct Memory Access (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EMC (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 7)

* STARTUP がイネーブルの場合に発生するメモリ インターフェイス ポートでの IP レベル IOB 制約の問題を修正 - (Xilinx Answer 65523) を参照

AXI EPC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* サンプル デザインの制約をアップデート。機能上の変更はありません。

AXI Ethernet Buffer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Ethernet Clocking (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* 変更なし

AXI Ethernet Lite (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI GPIO (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI HWICAP (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* サンプル デザインをアップデート。機能上の変更はありません。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI IIC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interconnect (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interrupt Controller (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 5)

* 変更なし

AXI Lite IPIF (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 3)

* 変更なし

AXI MMU (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Master Burst (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 7)

* 変更なし

AXI Memory Mapped To PCI Express (2.7)

* バージョン 2.7 (Rev. 1)

* 断続的な MSI パケット損失を修正 - (Xilinx Answer 65647) を参照

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Memory Mapped to Stream Mapper (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Performance Monitor (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Checker (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Quad SPI (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 6)

* DRR オーバーラン生成問題を修正

* XIP モードにおけるスレーブ セレクト信号の生成問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Register Slice (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI TFT Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timebase Watchdog Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 8)

* 変更なし

AXI Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 8)

* 変更なし

AXI Traffic Generator (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 8)

* スタティック モードでトランザクション ギャップを決定する内部パラメーター値をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI UART16550 (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 8)

* 変更なし

AXI USB2 Device (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Uartlite (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 変更なし

AXI Video Direct Memory Access (6.2)

* バージョン 6.2 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Virtual FIFO Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI-Stream FIFO (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Accelerator Adapter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Broadcaster (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Clock Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Combiner (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data FIFO (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data Width Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Interconnect (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Protocol Checker (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Register Slice (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Subset Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Switch (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 7)

* IPXACT 論理ポートを大文字に変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream to Video Out (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Accumulator (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Adder/Subtracter (加算/減算器) (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 8)

* DSP スライスをターゲットとする 47 ビット符号なし加算器により合成中にアレイ インデックス エラーが発生するというバグを修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Aurora 64B66B (11.0)

* バージョン 11.0 (Rev. 1)

* XQ7K325T および XQ7K410T デバイスの新しいスピード グレードに対してサポートを追加

* XQ7Z030、XQ7Z045、および XQ7Z100 デバイスの新しいスピード グレードに対してサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Aurora 8B10B (11.0)

* バージョン 11.0 (Rev. 3)

* XQ7K325T および XQ7K410T デバイスの新しいスピード グレードに対してサポートを追加

* XQ7Z030、XQ7Z045、および XQ7Z100 デバイスの新しいスピード グレードに対してサポートを追加

* XQ7A050T、XQ7A100T、および XQ7A200T デバイスの新しいスピード グレードに対してサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Binary Counter (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Block Memory Generator (8.3)

* バージョン 8.3 (Rev. 1)

* デバイス パッケージの変更をサポートするように IP をアップデート

CANFD (1.0)

* バージョン 1.0

* IP の初期リリース (ベータ)

* ロックまたはアップグレードされた IP インスタンスを含むデザインをサポートするため HDL モジュール、ライブラリ、インクルード ファイル名に IP リビジョン番号を追加

* CAN FD IP コアが含まれているデバイスを販売する前に CAN FD IP ユーザーは Robert Bosch 社からプロトコル ライセンスを購入する必要があるという注記を追加

CIC Compiler (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

CORDIC (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

CPRI (8.5)

* バージョン 8.5 (Rev. 1)

* 7 Series Transceiver Wizard による最新の出力にブロック同期ステート マシンをアップデート。 2015.3 用にマイナー バグを修正しました。

* 新しい GTYE3 トランシーバー チャネル パラメーターのアップデートを追加。マイナーなアップグレードです。

* 欠落していた信号を transceiver_debug および transceiver_monitor インターフェイスに追加。マイナーなインターフェイス変更です。

* UltraScale 12.16512Gbps 対応コアのクロック乗せ換え制約を強化。2015.3 用にバグを修正しました。

* 受信ポートのバス幅が間違っていたため、Artix7 transceiver_monitor インターフェイスに対する修正を追加。

* 新しい 7 シリーズ スピード グレードである -1IL、-1ML、および -2IL のサポートを追加。 2015.4 用に新規です。

* UltraScale 12.16512Gbps 対応コアの stat_speed 出力グリッチに対する修正を追加。2015.3 用にバグを修正しました。

* ユーザー DRP アクセスに対する修正を追加。2015.3 用に UltraScale および 7 シリーズのバグを修正しました。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Chroma Resampler (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 7)

* 変更なし

Clocking Wizard (5.2)

* バージョン 5.2 (Rev. 1)

* 内部デバイス ファミリを変更 (機能上の変更はなし)

Color Correction Matrix (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 8)

* 変更なし

Color Filter Array Interpolation (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 7)

* 変更なし

Complex Multiplier (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Convolution Encoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDR3 SDRAM (MIG) (1.1)

* バージョン 1.1

* 2015.4 用にアップデート

* AXI をイネーブルにしたデザインで Read-Modify-Write コマンドの実行中にデータ マスクが間違って GND に接続されるという問題を修正。詳細は、(Xilinx Answer 65652) を参照してください。

* UltraScale Memory IP ロジックを含む pblock はメモリ I/O と同じクロック領域に含める必要があるという問題を修正。詳細は、(Xilinx Answer 65370) を参照してください。

* DRC MIG-32 エラーが間違って表示されるという問題を修正

* sys_rst に set_false_path 制約が適用されていないという問題を修正。 詳細は、(Xilinx Answer 64188) を参照してください。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDR4 SDRAM (MIG) (1.1)

* バージョン 1.1

* 2015.4 用にアップデート

* AXI をイネーブルにしたデザインで Read-Modify-Write コマンドの実行中にデータ マスクが間違って GND に接続されるという問題を修正。詳細は、(Xilinx Answer 65652) を参照してください。

* UltraScale Memory IP ロジックを含む pblock はメモリ I/O と同じクロック領域に含める必要があるという問題を修正。詳細は、(Xilinx Answer 65370) を参照してください。

* DRC MIG-32 エラーが間違って表示されるという問題を修正

* sys_rst に set_false_path 制約が適用されていないという問題を修正。 詳細は、(Xilinx Answer 64188) を参照してください。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDS Compiler (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DMA Subsystem for PCI Express (PCIe) (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* XCKU095 デバイスの ffva1156 パッケージのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DSP48 Macro (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DUC/DDC Compiler (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Discrete Fourier Transform (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort (6.1)

* バージョン 6.1 (Rev. 1)

* 外部 AUX IO バッファーのサポートを追加

* 実行時間を短縮するように IP の XDC をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort RX Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0

* 初期リリース

* 1/2/4 レーンを持つ DisplayPort RX Subsystem

* AXI4-Stream ビデオ出力インターフェイス

* 外部ビデオ PHY インターフェイス

* オプションの AXI4-Stream オーディオ出力インターフェイス

* オプションでマルチ ストリーム ビデオ (MST) をサポート

* DP159 リタイマーをプログラムするように AXI IIC Controller をサポート

* ロックまたはアップグレードされた IP インスタンスを含むデザインをサポートするため HDL モジュール、ライブラリ、インクルード ファイル名に IP リビジョン番号を追加

DisplayPort TX Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0

* 初期リリース

* 1/2/4 レーンを持つ DisplayPort TX Subsystem

* AXI4-Stream ビデオ入力インターフェイス

* 外部ビデオ PHY インターフェイス

* オプションの AXI4-Stream オーディオ入力インターフェイス

* オプションでマルチ ストリーム ビデオ (MST) をサポート

* ロックまたはアップグレードされた IP インスタンスを含むデザインをサポートするため HDL モジュール、ライブラリ、インクルード ファイル名に IP リビジョン番号を追加

Distributed Memory Generator (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 9)

* 変更なし

Divider Generator (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ECC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Ethernet PHY MII to Reduced MII (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 8)

* 変更なし

FIFO Generator (13.0)

* バージョン 13.0 (Rev. 1)

* ビヘイビア モデルで安全回路に関する警告を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FIR Compiler (7.2)

* バージョン 7.2 (Rev. 5)

* 転置補間フィルターについて GUI でレポートされる計算係数を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Fast Fourier Transform (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Fixed Interval Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 6)

* 変更なし

Floating-point (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

G.709 FEC Encoder/Decoder (2.2)

* バージョン 2.2 (Rev. 2)

* SOF (フレームの開始) のアライメントが繰り返しずれる状況で折り返しを避けるように、内部 DSTS パケット カウンターにアンダーフロー保護を追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

G.975.1 EFEC I.4 Encoder/Decoder (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

G.975.1 EFEC I.7 Encoder/Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Gamma Correction (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 8)

* 変更なし

Gmii to Rgmii (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 2)

* Zynq+ デバイスをサポート

HDMI 1.4/2.0 Receiver (1.0)

* バージョン 1.0

* 初期リリース

HDMI 1.4/2.0 Receiver Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0

* 初期リリース

* HDMI 1.4 および 2.0 シンク

* シングル、デュアル、およびクワッド ピクセル幅のビデオ インターフェイス

* 最大ビデオ解像度 : 60fps の UHD

* ビデオ エンコード : RGB 4:4:4、YCbCr 4:4:4、YCbCr 4:2:2、および YCbCr 4:2:0

* 色深度 : ピクセルあたり 24、30、36、および 48 ビット

* オーディオ : 最大 8 チャンネル、サンプル レート : 最高 192kHz

* インフォ フレーム、DDC、EDID、 ホット プラグ、SCDC、およびスクランブラーをサポート

* オプションで HDCP 1.4 をサポート

* AXI-S を介したビデオとオーディオ、および AXI-Lite インターフェイスを介した制御/ステータスをサポート

HDMI 1.4/2.0 Transmitter (1.0)

* バージョン 1.0

* 初期リリース

HDMI 1.4/2.0 Transmitter Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0

* 初期リリース

* HDMI 1.4 および 2.0 ソース

* シングル、デュアル、およびクワッド ピクセル幅のビデオ インターフェイス

* 最大ビデオ解像度 : 60fps の UHD

* ビデオ エンコード : RGB 4:4:4、YCbCr 4:4:4、YCbCr 4:2:2、および YCbCr 4:2:0

* 色深度 : ピクセルあたり 24、30、36、および 48 ビット

* オーディオ : 最大 8 チャンネル、サンプル レート : 最高 192kHz

* インフォ フレーム、DDC、EDID、 ホット プラグ、SCDC、およびスクランブラーをサポート

* オプションで HDCP 1.4 をサポート

* AXI-S を介したビデオとオーディオ、および AXI-Lite インターフェイスを介した制御/ステータスをサポート

High Speed SelectIO Wizard (2.0)

* バージョン 2.0

* 変更なし

IBERT 7 Series GTH (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT 7 Series GTP (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 10)

* 追加された低消費電力バージョンを含むように、防衛グレード 7 シリーズ Artix 拡張用にデバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT 7 Series GTX (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* 追加された低消費電力バージョンの Zynq 7Z100 を含むように、Zynq の拡張に対するデバイス サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT 7 Series GTZ (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 8)

* 変更なし

IBERT UltraScale GTH (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 1)

* UltraScale+ 用に DRP アドレスおよび xsdb regs をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT UltraScale GTY (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 1)

* 変更なし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3bj RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* Tx_serdes_data で 0 以外の出力が続かないように変更 (機能上の変更はなし)

* UltraScale+ デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ILA (Integrated Logic Analyzer) (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 1)

* 変更なし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IOModule (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 3)

* 変更なし

Image Enhancement (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 8)

* 変更なし

Interlaken (1.8)

* バージョン 1.8

* OOBFC 制約をアップデートし、OOBFC ジェネレーターとモニターを含有

* Kintex095 ffva1156 パッケージのサポートを追加

* Zynq UltraScale+ デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Interleaver/De-interleaver (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204 (6.2)

* バージョン 6.2 (Rev. 1)

* コア生成中に Vivado によってバージョン レジスタを自動設定

* アクティブ レーン数を変更すると Rx コンフィギュレーションでは有効なデータがアサートされないという問題を修正 - (AR 65782)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204 PHY (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 1)

* コア生成中に Vivado によってバージョン レジスタを自動設定

* 7 シリーズ コンフィギュレーションで reset_done 出力に関するロジックを改善。この出力は tx/rx_reset_gt によって Low になっていました。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JTAG to AXI Master (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LMB BRAM Controller (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 7)

* 変更なし

LTE DL Channel Encoder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE Fast Fourier Transform (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE PUCCH Receiver (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE RACH Detector (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE UL Channel Decoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 9)

* 内部カバーポイント チェックを無効化 (機能上の変更はなし)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Local Memory Bus (LMB) 1.0 (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 7)

* 変更なし

MIPI CSI-2 Rx Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI CSI-2 Rx Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI D-PHY (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Mailbox (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 5)

* 変更なし

Memory Helper Core (1.1)

* バージョン 1.1

* Vivado 2015.4 をサポート

Memory Interface Generator (MIG 7 Series) (2.4)

* バージョン 2.4 (Rev. 1)

* Vivado 2015.4 ソフトウェアをサポート

MicroBlaze (9.5)

* バージョン 9.5 (Rev. 3)

 * 最大アドレス セグメントを選択するようにキャッシュ アドレスの自動割り当てを改善

MicroBlaze Debug Module (MDM) (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 4)

* 変更なし

MicroBlaze MCS (2.3)

* バージョン 2.3 (Rev. 3)

* 資料へのリンクをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Multiplier (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Multiply Adder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 8)

* フィールド アップデートが正しく行われるように GUI にマイナー修正を追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Mutex (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 5)

* 変更なし

Partial Reconfiguration Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Partial Reconfiguration Decoupler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* インターフェイス内に表示されるクロックの FREQ_HZ のサポートを削除。以前は、その他の IP および IPI との互換性がありませんでした。

* ツール フローのその他の部分に一致するように、CONFIG.VLNV プロパティで大文字/小文字を区別

* 手動管理によりディスエーブルにした信号が検証後に再度イネーブルにされるという IPI でのバグを修正

* オプションの AXI4LITE 信号が IPI 検証後にイネーブルにならないというバグを修正

* IPI 検証でのバグを修正。信号の有無を制御するために READ_WRITE_MODE が使用されていませんでした。

* IPI 検証でのバグを修正。インターフェイス パラメーターがスレーブ インターフェイスにプッシュされなかったため、伝搬されていませんでした。

* デカップラーのコンフィギュレーション情報を含んでいないファイルが write_bd_tcl によって作成されるという IPI でのバグを修正

* IPI 検証でのバグを修正。一部の信号が正しく伝搬されていませんでした。

Peak Cancellation Crest Factor Reduction (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 3)

* Kintex UltraScale+ デバイスに対する警告を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Processor System Reset (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 8)

* 変更なし

QDRII+ SRAM (MIG) (1.1)

* バージョン 1.1

* Vivado 2015.4 をサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

 * リント警告を修正

* 2 つのシミュレーション問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QSGMII (3.3)

* バージョン 3.3 (Rev. 3)

* UltraScale デバイスに対する IDELAYCTRL の RST ピンにフォルス パス制約を追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RAM-based Shift Register (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RGB to YCrCb Color-Space Converter (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 6)

* 変更なし

RLDRAM3 (MIG) (1.1)

* バージョン 1.1

* 2015.4 用にアップデート

* XSDB BURST_DATA_BUS レジスタをアップデート

* タイミングを改善

* RLDRAM3 に対して Advanced Traffic Generator のサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RXAUI (4.3)

* バージョン 4.3 (Rev. 3)

* 前のリリースからのアップグレードに対してスクリプトをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Reed-Solomon Decoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 10)

* IP をパラメーター指定すると System Generator ブロック GUI が停止する場合があるというバグを修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Reed-Solomon Encoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

S/PDIF (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE2022-1/2 Video over IP Receiver (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE2022-1/2 Video over IP Transmitter (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE SD/HD/3G-SDI (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 6)

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし

SMPTE2022-5/6 Video over IP Receiver (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE2022-5/6 Video over IP Transmitter (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SPI-4.2 (13.0)

* バージョン 13.0 (Rev. 7)

* 変更なし

SelectIO Interface Wizard (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 6)

* 変更なし

Serial RapidIO Gen2 (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 2)

* gt_rxlpmen_in 値を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Soft Error Mitigation (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 5)

* 変更なし

System Cache (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 2)

* 変更なし

System Management Wizard (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 3)

* 内部 GUI を変更 (機能上の変更はなし)

Timer Sync 1588 (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 3)

* 変更なし

Tri Mode Ethernet MAC (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 3)

* UltraScale ファミリ デバイスの 1588 モード用に TX パス レイテンシ値をアップデート

* 転送された一時停止フレームの時間フィールドの値が 0 になっていると 10/100Mbps ライン レートに対して発生していた Legacy PAUSE フレーム転送ロジックのバグを修正

* 受信された一時停止フレームが RX AXI Stream インターフェイスで有効なフレームとして提供されており、1588 インライン タイムスタンプ機能でコアが生成されると、場合によって発生していた Legacy PAUSE フレーム受信ロジックのバグを修正

*UltraScale+ デバイスをサポート (シミュレーションのみに制限)。UltraScale+ デバイスに IP をインプリメンテーションすると、タイミング違反が発生する可能性があります。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGAs Transceivers Wizard (1.6)

* バージョン 1.6 (Rev. 1)

* パラメーター アップデートにより、UltraScale+ GTH および GTY シリアル トランシーバーのパフォーマンスと機能を向上

* 新しい UltraScale+ GTY シリアル トランシーバーのシミュレーションおよびデバイス モデルに対してサポートを追加

* 新しいトランシーバー コンフィギュレーション プリセット オプションを追加

* UltraScale -1H および -1HV スピード グレードのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale Soft Error Mitigation (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 1)

* XCVU190 分類 makedata.tcl が不正という問題 (AR 65552) を修正

* kcu105 および vcu108 評価ボードをターゲットとした場合にすぐに作業できるように、IP に対するデフォルトのコンフィギュレーションをアップデート

UltraScale+ PCI Express Integrated Block (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 新しい GTY および GTH ラッパー変更を統合

* さらに多くのデバイス/パッケージに対するサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 1)

* XCKU095 デバイスの ffva1156 パッケージのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

VIO (Virtual Input/Output) (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Deinterlacer (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 9)

* 変更なし

Video In to AXI4-Stream (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 1)

* axis_enable 入力ポートに関連するクロック乗せ換え問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video On Screen Display (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 9)

* 変更なし

Video PHY Controller (2.0)

* バージョン 2.0

* 初期リリース

* GTXE2 および GTHE3 に対して HDMI プロトコルのサポートを追加

* GTHE3 に対して DisplayPort プロトコルのサポートを追加

* サブコアの 1 つでリビジョンを変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Processing Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 最大 4096x2160 の解像度をサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Scaler (8.1)

* バージョン 8.1 (Rev. 7)

* supported_families (サポートされるデバイス) から discontinued (製造中止) に変更。Video Processing Subsystem を選択してください。

Video Test Pattern Generator (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 1)

* 最大 4096x2160 の解像度をサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Timing Controller (6.1)

* バージョン 6.1 (Rev. 6)

* 変更なし

Video over IP FEC Receiver (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* AXI-MM0 書き込み/読み出し、AXI-MM1 書き込み/読み出し、および AXI-MM0 読み出しに対してアービタを追加

* 範囲外カウンターを追加

* 再順序付けカウンターを追加

* バッファーの深さを 256 に制限

* イベント send out で L と D をスワップし直し

* BRAM ポート B で書き込み中に BRAM ポート A で読み出しアクセスが実行されるために OOR パケットが間違ったものになるというバグを修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video over IP FEC Transmitter (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Virtex-7 FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 1)

* pipe モード シミュレーションで使用される sys_clk_gen のインスタンスの問題を修正。このモジュールは source ディレクトリに含まれるようになりました。

Viterbi Decoder (9.1)

* バージョン 9.1 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

XADC Wizard (3.2)

* バージョン 3.2

* 変更なし

XAUI (12.2)

* バージョン 12.2 (Rev. 3)

* 前のリリースからのアップグレードに対してスクリプトをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

YCrCb to RGB Color-Space Converter (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 6)

* 変更なし

ZYNQ UltraScale+ MPSoC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* DP に適切な GT レーンを追加

* GT レーンに対して電圧幅レベルを設定

* PLL の基準クロックを選択可能に設定

ZYNQ7 Processing System (5.5)

* バージョン 5.5 (Rev. 3)

* 変更なし

ZYNQ7 Processing System BFM (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* 変更なし

axi_sg (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 2)

* 変更なし

interrupt_controller (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 3)

* 所有者情報をアップデート

lib_bmg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_cdc (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

lib_fifo (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_pkg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

lib_srl_fifo (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

AR# 66004
日付 12/04/2015
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
ツール
  • Vivado Design Suite - 2015.4
このページをブックマークに追加