UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 6637

WebPACK 3.2 - EXEWRAP がプログラム c:\webpack\xilperl.exe からリターン コード '2' を検知しましたというようなエラーが発生

説明

キーワード : WebPACK, EXEWRAP, xilperl, exit, code, 0002, 終了, コード

重要度 : 標準

概要 :
WebPACK でデザインをインプリメントしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

Starting: 'c:\xilinx_webpack\bin\nt\xilperl.exe @5600.rsp '

Can't open Perl script "@5600.rsp": No such file or directory

EXEWRAP detected a return code of '2' from program
'c:\xilinx_webpack\bin\nt\xilperl.exe'

Done: failed with exit code: 0002.

ソリューション

長いパスによりこの問題がよく発生します。 このエラーは使用している OS が Windows 98 のときに頻繁に発生します。この問題を解決するには、デザインの保存場所のパスを短くしてください。

例 :
パスを次から
C:\designs\mitchell\coolrunner\test2\version2\revision1\lego.npl
次に変更してください。
C:\designs\rev1\lego.npl
AR# 6637
作成日 08/31/2007
最終更新日 10/05/2008
ステータス アーカイブ
タイプ 一般