AR# 66938

UltraScale+ DDR4 - 6 個以上の DDP (デュアル ダイ パッケージ/ツイン ダイ) コンポーネントを使用する場合は 2133 Mbps の動作に制限されている

説明

問題の発生したバージョン: DDR4 v2.0

修正バージョン: (Xilinx Answer 69035) を参照

UltraScale+ で DDP (デュアル ダイ パッケージ/ツイン ダイ) の DDR4 コンポーネントをターゲットにすると、複数のコンポーネントでデータ幅が拡大することがあります。

-3 または -2 (VCCINT = 0.85V) スピード グレードの DDR4 DDP コンポーネントの場合、6 個以上の DDP デバイスの最大データ レートは 2133 Mb/s です。

DDP デバイスが 5 個以下の場合は、-3 または -2 (VCCINT = 0.85V) スピード グレードにはシングル ランク DIMM データ レートを使用します。

DDP パーツ内での二重読み込みと、ザイリンクス シグナル インテグリティ (SI) 解析のため、2400 Mbps 動作を実現するには、コンポーネント数を 5 個に制限する必要があります。

6 個以上のコンポーネントの場合は、周波数を 2133 Mbps に制限する必要があります。

ソリューション

Vivado 2016.1 の DDR4 ウィザードでは、この周波数とコンポーネント数の制限に従っていません。

周波数要件に違反する古いバージョンの IP を新しいバージョンの Vivado に読み込むと、DRC エラーは発生しません。

6 個以上のコンポーネントを選択する場合は、手動で周波数を 2133 Mbps 以下に設定する必要があります。

正確なディレーティング情報は、最新のデータシートを確認してください。

  • (DS892) Kintex UltraScale
  • (DS922) Kintex UltraScale+
  • (DS893) Virtex UltraScale
  • (DS923) Virtex UltraScale+
  • (DS925) Zynq UltraScale+ MPSoC

 

改訂履歴

2016/04/13 初版
2016/08/11 DRC エラー メッセージに関する情報を含めるためアップデート。
2018/06/13 参照先として DS を追加。
2018/10/03 DDP デバイスが 5 個以下の場合の説明箇所で誤字を修正。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
69035 UltraScale/UltraScale+ DDR4 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 66938
日付 09/17/2020
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
ツール
IP