AR# 66968

2015.4 Vivado - opt_design が無効のとき write_debug_probes コマンドが発行されない

説明

Vivado 2015.x の write_debug_probes コマンドは、プロジェクト フロー モードでは opt_design ステップの一環として呼び出されます。

しかし、opt_design はオプションのステップです。これは、たとえば次を実行することで無効にできます。

set_property STEPS.OPT_DESIGN.IS_ENABLED 0 [get_runs impl_1]

つまり、opt_design が無効のとき Vivado で .ltx ファイルが生成されません。

ソリューション

Vivado 2016.1 では、write_debug_probes は opt_design ステップではなく init_design ステップの一環として呼び出されるように変更されています。

AR# 66968
日付 04/07/2016
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール