AR# 66994

MIPI CSI-2 Receiver Subsystem v2.0 - デザインに複数の MIPI CSI-2 Receiver Subsystem をインスタンシエートすると vfb_v1_0_2_viv_fifo_gen.v に関するクリティカル警告が表示される

説明

デザインに複数の MIPI CSI-2 Receiver Subsystem をインスタンシエートすると、vfb_v1_0_2_viv_fifo_gen.v に関するクリティカル警告が表示されます。

[filemgmt 20-1741] File 'vfb_v1_0_2_viv_fifo_gen.v' is used by one or more modules, but with different contents, and may lead to unpredictable results.
Please reset and regenerate these modules to resolve the differences, or synthesize them independently

ソリューション

これは MIPI CSI-2 Receiver Subsystem の既知の問題であり、Vivado 2016.2 以降に含まれている V2.0 で修正されています。

この問題を回避するには、各 MIPI CSI-2 Receiver Subsystem をアウト オブ コンテキスト (OOC) フローを使用して合成します。

これにより各 MIPI CSI-2 Receiver Subsystem が個別に合成されるので、ファイル名の競合は発生しません。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
65242 MIPI CSI-2 Receiver Subsystem - Vivado ツール 2015.3 バージョン以降のリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 66994
日付 10/04/2016
ステータス アーカイブ
種類 一般
IP