UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 67180

SEM は 8MHz より低速のクロック周波数をサポートするか

説明

サポート対象のすべてのファミリ (6 シリーズ、7 シリーズ、Zynq、UltraScale、UltraScale+) について SEM IP の GUI では、最小のクロック周波数が 8MHz に指定されています。

SEM IP をこれよりも低速の周波数で実行できますか。

ソリューション

ユーザー指定のクロック周波数は、次の 2 点について生成された SEM IP に影響をおよぼします。

  1. サンプルの XDC/UCF タイミング制約
  2. サンプル デザインの UART ボー レートを設定する V_ENABLETIME パラメーター


8MHz より低速の周波数を使用したい場合は、8MHz をターゲットにした IP を生成できます。

その場合は、次の点を考慮しておく必要があります。

  • この周波数はエラー軽減率に影響します。クロック周波数がより低速になるとエラー検出/訂正のレイテンシが増加します。
  • サンプルのタイミング制約がデフォルトで厳しい設定となる可能性があります。
  • サンプルの UART モジュールで生成された V_ENABLETIME を修正する必要があります。 

カスタマーは SEM IP の製品ガイドを見直し、必要なクロック周波数およびボー レートに応じて新しい V_ENABLETIME を計算する方法、さらに丸めエラーが許容範囲内にあるかどうかを判断するための計算方法を理解する必要があります。 

これらの数式は IP の製品ガイドで提供されています。

AR# 67180
日付 05/09/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
このページをブックマークに追加