AR# 67307

UltraScale+ PCI Express Integrated Block (Vivado 2016.1) - 複数の修正を含む緊急パッチ

説明

問題の発生したバージョン : v1.1 (Vivado 2016.1)

修正バージョンおよびその他の既知の問題 : (Xilinx Answer 65751)


このアンサーに添付されている緊急パッチには、次の修正が含まれています。

1. AXIST 512 ビット モードのザイリンクス サンプル デザインでユーザー ロジックから pcie_cq_np_req を 2b11 に接続。これは、正しいクレジットを返すのに必要です。
2. AXIST 512 ビット モードで正しい NP クレジット受信数が pcie_cq_np_req_count によって提供されるようにロジックを修正。
3. 間違って 1 つではなく 2 つのメッセージが送信メッセージ インターフェイスによって生成されるという cfg_msg での問題の修正に関連してロジックを修正。
4. flgc2104 および flga2577 パッケージに対して (Xilinx Answer 67144) を修正。
5. AXIST 512 ビットの straddle モードに対して GUI オプションをアップデート。


このアンサーは、PCI Express ソリューション センターの一部です。

(Xilinx Answer 34536)ザイリンクス PCI Express ソリューション センター

ソリューション

これらの問題は、コアの次のリリースで修正される予定です。Vivado 2016.1 を使用している場合は、次の手順に従ってパッチをインストールしてください。

方法 1 : 

  1. $XILINX_VIVADO/patches ディレクトリに移動します (このディレクトリが存在しない場合は作成する)。
  2. 「AR67307」という名前で開始するディレクトリに ZIP アーカイブを解凍します。
    注記 : ほとんどの解凍ツールでは、ZIP ファイルと同じ名前のディレクトリが解凍時に自動的に作成されます。
  3. 元のインストール場所から Vivado を実行します。


方法 2 : 

  1.     a. パッチ ファイルを含むディレクトリを別に作成します。
        b. 任意のパッチ ディレクトリに .zip アーカイブの内容を解凍します。
        c. 該当のパッチ ディレクトリをポイントするように MYVIVADO 環境変数を設定します。
               例 : MYVIVADO=C:\MYVIVADO\vivado-patch-AR67307\vivado\
        d. 元のインストール場所から Vivado を実行します。

改訂履歴

2016/06/20 - 初版

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
AR67307_Vivado_2016_1_preliminary_rev1.zip 723 KB ZIP
AR# 67307
日付 08/11/2016
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
IP