UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 67308

ボードおよびキット - UltraScale および UltraScale+ MPSoC 評価キット - VADJ およびシステム コントローラー

説明

UltraScale および UltraScale+ MPSoC 評価キットは、VITA 57.1 規格に完全準拠しています。そのため、これらのボードと一緒に使用される FMC カードに対しては、VITA 57.1 FMC 仕様で定義されている IPMI フォーマットに従ってプログラムされた EEPROM がボードに必要となります。

IPMI 仕様には、24C02 デバイスと互換性のある 2K EEPROM を使用する必要があるという記述があります。この EEPROM は、適切な VADJ 電圧がキャリア カードで設定されるように、パワーオン時にクエリ可能になっている必要があります。

この仕様に従わなかった場合、VADJ 電圧は電源投入されません (0V のままになる)。VADJ は、UltraScale および UltraScale+ MPSoC キットのシステム コントローラーの FMC メニューから手動で設定できます。

ソリューション

UltraScale および UltraScale+ MPSoC 評価キットは、VITA 57.1 仕様で定義されている EEPROM IPMI に準拠しています。

接続されている FMC カードに空または破損した EEPROM がある場合、パワーオン時に VADJ レールがイネーブルになりません。 

評価キットには、システム コントローラーを使用して (UltraScale キットおよび UltraScale+ キットの古いリビジョンのシステム コントローラー UART メニュー、UltraScale+ および UltraScale+ MPSoC キットの SCUI.exe)、VADJ を上書きする機能があります。

これらの方法を使用する際には、十分な注意が必要です。


UltraScale (キットのすべてのリビジョン)、UltraScale+ および UltraScale+ MPSoC 評価キット (rev D):

1) 評価キットの USB UART インターフェイスからシステム コントローラーに接続します (COM ポート = Enhanced、ボー レート = 115200 を選択)。

2) ターミナル プログラム (TeraTerm など) の [Setup] タブで [Serial Port] を開き、[Baud rate] = 115200、[Data] = 8 bit、[Parity] = none、[Stop] = 1 bit、[Flow control] = none になるようにそれぞれ設定します。[OK] をクリックします。



3) システム コントローラーのメイン メニューがターミナル ウィンドウに表示されます。



4) [4. Adjust FPGA Mezzanine Card (FMC) Settings] を選択します。




5) オプション 4 ~ 7 を選択し、セットアップに適切な電圧レベルに VADJ を手動で設定します。


UltraScale+ および UltraScale+ MPSoC 評価キット (rev 1.0 以降):

UltraScale+ および UltraScale+ MPSoC 評価キットの新しいリビジョンでは、電圧、クロック、EEPROM データ、システム モニターを監視するのに異なる GUI が使用されます。 

これはシステム コントローラー GUI (SCUI.exe) で、特定キットのボード製品ページから利用できます。

SCUI.exe が起動すると、現在の VADJ 電圧が [Voltages] タブでチェックできます。


 

この VADJ_FMC 電圧が現在の設定に必要な値に設定されていない場合、SCUI.exe の [FMC] タブで変更できます。

[FMC] タブに移動し、[Set VADJ] を選択します。

現在の VADJ_FMC 電圧 ([Current] タブ) を設定する選択肢があります。これは電力が一巡すると VADJ_FMC が元の VADJ_FMC 電圧に戻るという設定です。またはブートアップの VADJ_FMC 電圧を設定する ([Boot-up] タブ) 選択肢もあります。こちらは、電力が一巡した後も設定した VADJ_FMC 電圧の値が維持されます。

適切なタブを選び、次の図のように [Set VADJ to 1.5V] などのボタンをクリックして適切な電圧を選択します。


 

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
63175 Kintex UltraScale FPGA KCU105 評価キット - 既知の問題およびリリース ノートのマスター アンサー N/A N/A
AR# 67308
日付 10/26/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
Boards & Kits 詳細 概略
このページをブックマークに追加