UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 67345

2016.2 Vivado IP リリース ノート - すべての IP 変更ログ情報

説明

このアンサーは、Vivado 2016.2 での IP 変更をすべて 1 つにまとめたもので、Vivado Design Suite をインストールする前にすべての IP 変更をここで確認できます。

ソリューション

(c) Copyright 2016 Xilinx, Inc. All rights reserved.

This file contains confidential and proprietary information of Xilinx, Inc. and is protected under U.S. and international copyright and other intellectual property laws.

DISCLAIMER

This disclaimer is not a license and does not grant any rights to the materials distributed herewith.Except asotherwise provided in a valid license issued to you byXilinx, and to the maximum extent permitted by applicablelaw: (1) THESE MATERIALS ARE MADE AVAILABLE "AS IS" ANDWITH ALL FAULTS, AND XILINX HEREBY DISCLAIMS ALL WARRANTIESAND CONDITIONS, EXPRESS, IMPLIED, OR STATUTORY, INCLUDINGBUT NOT LIMITED TO WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, NON-INFRINGEMENT, OR FITNESS FOR ANY PARTICULAR PURPOSE; and(2) Xilinx shall not be liable (whether in contract or tort,including negligence, or under any other theory ofliability) for any loss or damage of any kind or naturerelated to, arising under or in connection with thesematerials, including for any direct, or any indirect,special, incidental, or consequential loss or damage(including loss of data, profits, goodwill, or any type ofloss or damage suffered as a result of any action broughtby a third party) even if such damage or loss wasreasonably foreseeable or Xilinx had been advised of thepossibility of the same.

CRITICAL APPLICATIONS

Xilinx products are not designed or intended to be fail-safe, or for use in any application requiring fail-safe performance, such as life-support or safety devices or systems, Class III medical devices, nuclear facilities, applications related to the deployment of airbags, or any other applications that could lead to death, personal injury, or severe property or environmental damage (individually and collectively, "Critical Applications").Customer assumes the sole risk and liability of any use of Xilinx products in Critical Applications, subject only to applicable laws and regulations governing limitations on product liability.

THIS COPYRIGHT NOTICE AND DISCLAIMER MUST BE RETAINED ASPART OF THIS FILE AT ALL TIMES.

10G Ethernet MAC (15.1)

* バージョン 15.1(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G Ethernet PCS/PMA (10GBASE-R/KR) (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 5)

* lp_coeff_update_status、lp_coeff_initialize_status、および lp_coeff_preset_status に関連するレジスタを修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G Ethernet Subsystem (3.1)

* バージョン 3.1(Rev. 1)

* 機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

1.3G/25G Ethernet Subsystem (10)

* バージョン 1.3

* UltraScale+ のランタイム スイッチケーブル サポートを追加

* xqku115 および 1M スピード グレードにサポートを追加

* コア外の GT をサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

1G/2.5G Ethernet PCS/PMA or SGMII (15.2)

* バージョン 15.2(Rev. 1)

* キャリブレーション ロジックを使用した古い UltraScale デバイスに対して GT ウィザードで必要なポートのバグを修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

32-bit Initiator/Target for PCI (7-Series) (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 8)

* 変更なし

3GPP LTE Channel Estimator (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 11)

* 変更なし

3GPP LTE MIMO Decoder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* 変更なし

3GPP LTE MIMO Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 10)

* 変更なし

3GPP Mixed Mode Turbo Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 11)

* 変更なし

3GPP Turbo Encoder (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 10)

* 変更なし

3GPPLTE Turbo Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 10)

* 変更なし

40G/50G Ethernet Subsystem (1.1)

* バージョン 1.1

* IP インテグレーターのサポート

* 50G 2 コアのサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

64-bit Initiator/Target for PCI (7-Series) (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 8)

* 変更なし

7 Series FPGAs Transceivers Wizard (3.6)

* バージョン 3.6 (Rev. 3)

* COMMON_CFG[6] 属性の値を トランシーバー ベースのデバイスにある QPLL のコンフィギュレーションに対して更新

7 Series Integrated Block for PCI Express (3.3)

* バージョン 3.3(Rev. 1)

* 複数行属性の割り当てにより1 行に含まれる文字数を削減

* pl_phy_lnk_up および pl_received_hot_rst PCIe 出力に CDC レジスタを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AHB-Lite to AXI Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI 1G/2.5G Ethernet Subsystem (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 5)

* サンプル デザインで GT をサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI AHB Lite Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI APB Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI BFM Cores (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 7)

* 変更なし

AXI BRAM Controller (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Bridge for PCI Express Gen3 Subsystem (2.1)

* バージョン 2.1(Rev. 1)

* プロジェクト設定で開発ボードが選択されると適切な制約ファイルを参照するようにフィールド アップデート サンプル デザイン スクリプトを含む Tandem をアップデート

* 出力ファイルが生成されなかった IP コア コンテナーを処理するようにフィールド アップデート サンプル デザイン スクリプトを含む Tandem をアップデート

* 防衛グレードの Kintex UltraScale デバイス (xqku115) のサポートを追加

* Chip-to-Chip(5db)、Add-in_Card(15db)、および Backplane(20db) の 3 つのオプションを提供するように挿入損失プロファイル パラメーターを変更。コアは、値が 15db 未満の場合は LPM モード、15db 以上の場合は DFE モードで動作します。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI CAN (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Central Direct Memory Access (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Chip2Chip Bridge (4.2)

* バージョン 4.2 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Clock Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 8)

* FIFO Generator v13.x で使用される非同期 CDC に適用できるように IP クロッキング XDC を更新

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Crossbar (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 10)

* 伝搬できる AXI インターフェイス プロパティ数を増やせるようVivado IP インテグレーターのオートメーションを向上

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data FIFO (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data Width Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 9)

* FIFO Generator v13.x で使用される非同期 CDC に適用できるように IP クロッキング XDC を更新

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI DataMover (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 11)

* IP インテグレーターのサポートを拡張。機能上の変更はありません。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Direct Memory Access (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EMC (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 9)

* インターフェイス定義を更新。機能上の変更はありません。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EPC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Ethernet Buffer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Ethernet Clocking (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* 変更なし

AXI Ethernet Lite (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI GPIO (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI HWICAP (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* コンパイル済みライブラリを変更。機能上の変更はありません。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI IIC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interconnect (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interrupt Controller (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 7)

* 説明およびビット フィールド定義を含むレジスタ情報をすべてのレジスタで提供

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Lite IPIF (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 4)

* 内部変数名を更新 (機能上の変更なし)

AXI MMU (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Master Burst (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 7)

* 変更なし

AXI Memory Mapped To PCI Express (2.8)

* バージョン 2.8(Rev. 1)

* シミュレーション環境での axi_aclk と axi_ctl_aclk クロック ドメイン間のデルタ遅延の不一致を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Memory Mapped to Stream Mapper (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Performance Monitor (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 11)

* 外部クロックおよびリセットにクロックおよびリセットのインターフェイス定義を追加

* レース トラフィックに動的オン/オフになる制御レジスタをに追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Checker (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 9)

* 伝搬できる AXI インターフェイス プロパティ数を増やせるようVivado IP インテグレーターのオートメーションを向上

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Quad SPI (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 8)

* インターフェイス定義を更新。機能上の変更はありません。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Register Slice (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 9)

* "SI_Reg" および "MI_Reg" (タイプ 9) reg_config モードを追加(ソース側が完全にレジスタ接続)

*ENABLE_BURST/SIZE ユーザー パラメーターを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI SmartConnect (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更ログ ファイルを追加

* バグを多数修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI TFT Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timebase Watchdog Timer (3.0)

* バージョン 3.0(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Traffic Generator (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 16 ビットの書き込みおよび読み出しチャネル ユーザー信号幅のサポートを AXI-Full モードに追加

* タイミングを向上するようファンアウトを削減

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI UART16550 (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI USB2 Device (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Uartlite (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Video Direct Memory Access (6.2)

* バージョン 6.2 (Rev. 8)

* IP インテグレーターのサポートを拡張 (機能上の変更なし)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Virtual FIFO Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI-Stream FIFO (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Accelerator Adapter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Broadcaster (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Clock Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Combiner (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data FIFO (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data Width Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Interconnect (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Protocol Checker (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Register Slice (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Subset Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Switch (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream to Video Out (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Accumulator (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 9)

* 変更なし

Adder/Subtracter (加算/減算器) (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 9)

* 変更なし

Aurora 64B66B (11.1)

* バージョン 11.1(Rev. 1)

* COMMON_CFG[6] 属性の値を GTHE2 トランシーバー ベースのデバイスにある QPLL のコンフィギュレーションに対して更新

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Aurora 8B10B (11.0)

* バージョン 11.0 (Rev. 5)

* Artix-7 周期的なチャネル アップのトグルの問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Binary Counter (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 9)

* 変更なし

Block Memory Generator (8.3)

* バージョン 8.3 (Rev. 3)

* モードを BRAM_Controller に切り替えたときに WRITE_DEPTH パラメータが 8192 にならないように IP を更新

* デバイス パッケージの変更をサポートするように IP をアップデート

CANFD (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

CIC Compiler (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 10)

* 変更なし

CORDIC (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 10)

* 変更なし

CPRI (8.6)

* バージョン 8.6(Rev. 1)

* qkintexu パーツにサポートを追加

* ソフト リセット後に L1 同期ステート マシンでコアが固まる問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Chroma Resampler (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Clocking Wizard (5.3)

* バージョン 5.3(Rev. 1)

* 内部レジスタ ビットの更新 (カスタマー デザインへの影響なし)

Color Correction Matrix (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Color Filter Array Interpolation (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Complex Multiplier (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 11)

* 変更なし

Convolution Encoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 10)

* 変更なし

DDR3 SDRAM (MIG) (1.2)

* バージョン 1.2(Rev. 1)

* 2016.2 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDR4 SDRAM (MIG) (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 2016.2 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDS Compiler (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 12)

* 変更なし

DMA Subsystem for PCI Express (PCIe) (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 複数の割り込みが生成された場合に発生する、割り込みのアサートとディアサートに対する肯定応答 (ACK) の生成に関する問題を修正

* -1 スピードグレードのパーツに対してサポートされていない AXI データ幅の選択肢を GUI から削除

* 出力ファイルが生成されなかった IP コア コンテナーを処理するようにフィールド アップデート サンプル デザイン スクリプトを含む Tandem をアップデート

* 防衛グレードの Kintex UltraScale デバイス (xqku115) のサポートを追加

* Chip-to-Chip(5db)、Add-in_Card(15db)、および Backplane(20db) の 3 つのオプションを提供するように挿入損失プロファイル パラメーターを変更。コアは、値が 15db 未満の場合は LPM モード、15db 以上の場合は DFE モードで動作します。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DSP48 Macro (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 12)

* 変更なし

DUC/DDC Compiler (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 10)

* 変更なし

Debug Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Decapsulator (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* Vivado ツールとの互換性のためにコアを更新

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Discrete Fourier Transform (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 11)

* 変更なし

DisplayPort (7.0)

* バージョン 7.0(Rev. 1)

* DisplayPort TX でオーディオ タイムスタンプ パケットの ECC 計算上の問題を修正

* RX で発生する 4 バイト オーディオ相互運用上の問題を修正

* UltraScale ファミリで 双方向 AUXIO プロパティを LVDS_25 から LVDS に変更

* 余分なピクセルが送信される 4 バイト MST TX の問題を修正

* RX に含まれる lnk_n_vid ポートの不正な値を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort RX Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort TX Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Distributed Memory Generator (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 10)

* 変更なし

Divider Generator (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 10)

* 変更なし

ECC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 11)

* 変更なし

Ethernet PHY MII to Reduced MII (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FIFO Generator (13.1)

* バージョン 13.1(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FIR Compiler (7.2)

* バージョン 7.2 (Rev. 6)

* 変更なし

Fast Fourier Transform (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 10)

* 変更なし

Fixed Interval Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 7)

* 変更なし

Floating-point (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 2)

* 変更なし

Framer (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* Vivado ツールとの互換性のためにコアを更新

G.709 FEC Encoder/Decoder (2.2)

* バージョン 2.2 (Rev. 4)

* OTN インターフェイスへの余分なクロック イネーブルを削除。動作の変更なし。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

G.975.1 EFEC I.4 Encoder/Decoder (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 12)

* 変更なし

G.975.1 EFEC I.7 Encoder/Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Gamma Correction (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Gmii to Rgmii (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 3)

* 変更なし

HDCP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし

HDCP 2.2 Cipher (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

HDCP 2.2 Montgomery Modular Multipler (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

HDCP 2.2 Random Number Generator (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

HDCP 2.2 Receiver (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

HDCP 2.2 Transmitter (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

HDMI 1.4/2.0 Receiver (1.1)

* バージョン 1.1

* 変更なし

HDMI 1.4/2.0 Receiver Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* リマッパーをイネーブル/ディスエーブルにするオプションを追加

* HDCP モード ビットおよび HDCP 1.4 ショート リードを DDC ペリフェラルに追加

* すべてのオーディオ チャネル ペアのプリアンブルの不足を修正

* 画像のちらつきおよび不正な表示画像の問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

HDMI 1.4/2.0 Transmitter (1.1)

* バージョン 1.1

* 変更なし

HDMI 1.4/2.0 Transmitter Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* リマッパーをイネーブル/ディスエーブルにするオプションを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

High Speed SelectIO Wizard (3.0)

* バージョン 3.0

* 変更なし

IBERT 7 Series GTH (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT 7 Series GTP (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT 7 Series GTX (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT 7 Series GTZ (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

* モジュール名を更新し、一部の信号名を保持

IBERT UltraScale GTH (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 3)

* I/O 規格でシステム クロック ピン ロック アップデートの依存を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT UltraScale GTY (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 3)

* I/O 規格でシステム クロック ピン ロック アップデートの依存を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 25G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* KU3P デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 50G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* KU3P デバイスのサポートおよびすべてのパーツに全サンプル デザインのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3bj RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* KU3P デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ILA (Integrated Logic Analyzer) (6.1)

* バージョン 6.1(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IOModule (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 5)

* 説明およびビット フィールド定義を含むレジスタ情報をすべてのレジスタで提供

Image Enhancement (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Interlaken (1.10)

* バージョン 1.10

* GUI で UltraScale+ デバイスに再トランスミッションをイネーブル

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Interleaver/De-interleaver (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 9)

* 変更なし

JESD204 (7.0)

* バージョン 7.0(Rev. 1)

* トランシーバー デバッグがイネーブルされていないときの gt_rxlpmen のデフォルト値を 1 に設定

* JESD204 および JESD204 PHY 間のリセット ハンドシェーク ロジックを向上

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204 PHY (3.1)

* バージョン 3.1(Rev. 1)

* CPLL のみのコンフィギュレーションを使用して消費電力を削減するときに QPLL の電源がデフォルトでオフになる

* トランシーバー デバッグ ポートまたは AXI4-Lite インターフェイスがイネーブルのときに gt_rxlpmen が 0 になる問題を修正

* AXI4-Lite インターフェイスがイネーブルのとき gt_txdiffctrl のデフォルト値を 0x1000 に設定

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JTAG to AXI Master (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LMB BRAM Controller (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 9)

* 説明およびビット フィールド定義を含むレジスタ情報をすべてのレジスタで提供

LTE DL Channel Encoder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 10)

* 変更なし

LTE Fast Fourier Transform (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 11)

* 変更なし

LTE PUCCH Receiver (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 変更なし

LTE RACH Detector (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 10)

* 変更なし

LTE UL Channel Decoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 10)

* 変更なし

Local Memory Bus (LMB) 1.0 (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 8)

* 変更なし

MIPI CSI-2 Rx Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI CSI-2 Rx Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* AXI IIC インスタンスの FREQ_KHZ 設定を 400Khz に修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI D-PHY (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 3 レーン D-PHY RX コンフィギュレーションの HS RX TIMEOUT パラメーターの伝搬を修正

* D-PHY RX コンフィギュレーションで clkoutphy の接続を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI DSI Tx Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI DSI Tx Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Mailbox (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 6)

* 説明およびビット フィールド定義を含むレジスタ情報をすべてのレジスタで提供

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Memory Helper Core (1.2)

* バージョン 1.2(Rev. 1)

* Vivado 2016.2 をサポート

Memory Interface Generator (MIG 7 Series) (4.0)

* バージョン 4.0

* DS 181、DS 182、DS183、DS187、および DS191 に基づき、サポートされる最大周波数の値を更新

MicroBlaze (9.6)

* バージョン 9.6(Rev. 1)

* AXI バスのインターフェイス プロパティ HAS_BURST を追加

MicroBlaze Debug Module (MDM) (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 6)

* 説明およびビット フィールド定義を含むレジスタ情報をすべてのレジスタで提供

* AXI バス マスターのインターフェイス プロパティ HAS_BURST を追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MicroBlaze MCS (3.0)

* バージョン 3.0(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Multiplier (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 11)

* 変更なし

Multiply Adder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 9)

* 変更なし

Mutex (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 7)

* 説明およびビット フィールド定義を含むレジスタ情報をすべてのレジスタで提供

PCIe PHY IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* UltraScale デバイス (xcku040-ffva1156 および xcvu440-flga2892) のサポートを追加

* Gen2 スピードの UltraScale+ デバイスに対して PLL 選択オプションを追加

* UltraScale+ デバイスの core_clk 問題を修正

* UltraScale+ デバイスに対して L0s を修正

* GT 関連のパラメーターをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Partial Reconfiguration Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Partial Reconfiguration Decoupler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

Peak Cancellation Crest Factor Reduction (6.0)

* バージョン 6.0(Rev. 4)

* 変更なし

Processor System Reset (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 9)

* 変更なし

QDRII+ SRAM (MIG) (1.2)

* バージョン 1.2(Rev. 1)

* Vivado 2016.2 をサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QDRIV SRAM (MIG) (1.1)

* バージョン 1.1(Rev. 1)

* Vivado 2016.2 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QDRIV SRAM PHY IP (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 2)

* Vivado 2016.2 をサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QSGMII (3.3)

* バージョン 3.3 (Rev. 5)

* キャリブレーション ロジックを使用した古い UltraScale デバイスに対して GT ウィザードで必要なポートのバグを修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RAM-based Shift Register (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 9)

* 変更なし

RGB to YCrCb Color-Space Converter (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RLDRAM3 (MIG) (1.2)

* バージョン 1.2(Rev. 1)

* 2016.2 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RXAUI (4.3)

* バージョン 4.3 (Rev. 5)

* refclk_out ポートの FREQ_HZ バス パラメーターに 156.25MHz を設定

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Reed-Solomon Decoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 11)

* 変更なし

Reed-Solomon Encoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 10)

* 変更なし

S/PDIF (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC EXIT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* Vivado IP インテグレーターで改善されたメタデータの操作をサポートするようにアップデート

* 必要がない max_fanout 属性を削除

* AXI4Lite スレーブ向けにバーストからシングルに変換するときおよびデータ幅を変換するときに発生する読み出しバースト破損を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC MMU (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 常に FIXED トランザクションを拒否

* オプションで WRAP トランザクションを拒否するよう SUPPORTS_WRAP パラメーターを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC SI_CONVERTER (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 必要がない max_fanout 属性を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC SPLITTER (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC TRANSACTION_REGULATOR (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 稀なケースのカウンター オーバーフロー S_ID_WIDTH=0、SEP_ROUTE_WIDTH>0、NUM_OUTSTANDING>63 を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE2022-1/2 Video over IP Receiver (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE2022-1/2 Video over IP Transmitter (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE SD/HD/3G-SDI (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 7)

* 変更なし

SMPTE ST 2059 (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

SMPTE2022-5/6 Video over IP Receiver (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 5)

* リセット ロジックで大きいファンアウトを修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE2022-5/6 Video over IP Transmitter (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 7)

* リセット ロジックで大きいファンアウトを修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SPI-4.2 (13.0)

* バージョン 13.0 (Rev. 8)

* 変更なし

ST2022-56 De-Packetizer (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* Vivado ツールとの互換性のためにコアをアップデート

ST2022-56 Packetizer (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* Vivado ツールとの互換性のためにコアをアップデート

SelectIO Interface Wizard (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 7)

* 変更なし

Serial RapidIO Gen2 (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect AXI2SC Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 資料をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect Node (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 必要がない max_fanout 属性を削除

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect SC2AXI Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 資料をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect Switchboard (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* タイミングのアップデートおよび RTL トポロジを変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Soft Error Mitigation (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 6)

* Vivado IP 生成上の問題が修正されたため 2016.1_AR67055 の回避方法を削除

System Cache (3.1)

* バージョン 3.1(Rev. 4)

* AXI マスター バスのインターフェイス プロパティ HAS_BURST を追加

System Management Wizard (1.3)

* バージョン 1.3(Rev. 1)

* UltraScale+ デバイスに監視用の HD バンクを追加

Timer Sync 1588 (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 3)

* 変更なし

Tri Mode Ethernet MAC (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale 100G Ethernet Subsystem (1.10)

* バージョン 1.10

* ランタイム切り替え用 DRP レジスタでトランシーバー デバッグ モジュールを更新し、読み出し/編集/書き込みを実行する機能を追加

* xqku095 -1M デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.2)

* バージョン 4.2(Rev. 1)

* 出力ファイルが生成されなかった IP コア コンテナーを処理するようにフィールド アップデート サンプル デザイン スクリプトを含む Tandem をアップデート

* 立ち下がりエッジ検出 DRP ロジックを簡素化

* PF0、PF1、および VF0-VF5 の MSIX_CAP_TABLE_OFFSET および MSIX_CAP_PBA_OFFSET パラメーターの値が 3 ビット左にシフトしてしまうコアの問題を修正するロジックを追加。コアでは、値が 3 ビット分右にシフトされるため、ハードウェアにインプリメントされる値はコア コンフィギュレーション中にプログラムされた値と同じになります。詳細は (Xilinx Answer 67111) を参照してください。

* 防衛グレードの Kintex UltraScale デバイス (xqku115) のサポートを追加

* Chip-to-Chip(5db)、Add-in_Card(15db)、および Backplane(20db) の 3 つのオプションを提供するように挿入損失プロファイル パラメーターを変更。コアは、値が 15db 未満の場合は LPM モード、15db 以上の場合は DFE モードで動作します。

* 125MHz および 250MHz の Refclk 周波数に対して GT DRP クロック周波数を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGAs Transceivers Wizard (1.6)

* バージョン 1.6 (Rev. 3)

* パラメーター アップデートにより、UltraScale+ GTY シリアル トランシーバーのパフォーマンスと機能を向上

* オプションで CPLL キャリブレーション ブロックを追加することで UltraScale+ GTH および GTY トランシーバーの信頼性を向上

* 一部のデバイスで最大ライン レートをターゲットにしているとき、有効なデータ幅を選択できなかったカスタマイズ GUI のバグを修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale Soft Error Mitigation (3.1)

* バージョン 3.1(Rev. 1)

* AR66905 で説明されているサンプル デザインに含まれる status_heartbeat のタイミングの問題を修正

* xqku115 デバイスのサポートを追加

UltraScale+ 100G Ethernet Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 2016.2 でランタイム切り替え用 GT DRP レジスタでトランシーバー デバッグ モジュールを更新

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale+ PCI Express Integrated Block (1.1)

* バージョン 1.1(Rev. 1)

* MSI-X CAP および NEXTPTR の値をアップデート

* 挿入損失を調整するための GT 設定タブを追加

* レシーバー検出 drp モジュールをレシーバー検出 rxtermination モジュールで置換

* BAR-5 および Exp ROM の値に対する GUI のスペルミスを修正

* CPLL に伴い Gen2 (5.0Gbps) スピードに対して QPLL1 サポートを追加。QPLL1 がデフォルトです。

* xcvu9p-flga2104、flgb2104、flgc2104、および flga2577 に対してクワッド選択モードの I/O バンク名を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

VIO (Virtual Input/Output) (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 12)

* 再カスタマイズ場の問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video AXI4S Remapper (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Deinterlacer (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 10)

* 変更なし

Video In to AXI4-Stream (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Mixer (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video On Screen Display (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video PHY Controller (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 2)

* GTHE4 に DP プロトコル サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Processing Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Scaler (8.1)

* バージョン 8.1 (Rev. 9)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Test Pattern Generator (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Timing Controller (6.1)

* バージョン 6.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video over IP FEC Receiver (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video over IP FEC Transmitter (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Virtex-7 FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.2)

* バージョン 4.2(Rev. 1)

* PF0、PF1、および VF0-VF5 の MSIX_CAP_TABLE_OFFSET および MSIX_CAP_PBA_OFFSET パラメーターの値を 3 ビット右にシフトするためのロジックを追加。コアでは、オフセット値が 3 ビット分左にシフトされるため、最終的な値はプログラム値と同じになります。(Xilinx Answer 67111)

* GT QPLL COMMON_CFG パラメーターをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Viterbi Decoder (9.1)

* バージョン 9.1 (Rev. 6)

* 変更なし

XADC Wizard (3.3)

* バージョン 3.3

* 変更なし

XAUI (12.2)

* バージョン 12.2 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

YCrCb to RGB Color-Space Converter (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 8)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ZYNQ UltraScale+ MPSoC (1.2)

* バージョン 1.2

* PCW GUI :

* 1) トレース幅が 16 のときにトレースのクロックおよび制御信号が表示されない問題を修正

* 2) Display Port を正しく機能させるには、Aux ポートが必要です。このため Display Port が選択されているときは Aux がイネーブルにされます。

* 3)MPSoC で DPAUX から MIO まで配線可能。これは 2016.2 でイネーブルにされています。

* ZU9 ES1 デバイスでは DP Aux に MIO オプションを使用しないでください。

* 4) GEM インターフェイスへのクロック供給で GEM が正しく機能するよう要求された周波数を生成する約数のみを許容するようにDRC をイネーブル。生成される約数は、要求される周波数以外の周波数には変更できない場合があります。たとえば、要求される周波数が 25MHz のとき、約数は25MHz および 2.5MHz をサポートするように生成可能ですが、125MHz は生成できない場合があります。

* PCW 出力 : PCW に含まれる LPDDR3 にサポートを追加

* IP :

* 1) 複数のトライステート ベースのペリフェラル用の PS HDL ラッパーでインターフェイス信号にインバーターを追加。これには、イーサネットおよび GIPI インターフェイスの SPI、I2C、SDIO、および MDIO が含まれます。この結果、_t_n ポートのあるすべてのインターフェイスはオプションで基準インターフェイス定義には含まれません。_t があるポートがインターフェイスに追加されました。以前のリリースからアップグレードするときは、_t_n ポートがデフォルトで使用されます。接続を更新するのは、ユーザーの責任になります。2016.2 で開始した新しいデザインでは _t_n ポートが使用できません。

* 2) DP_Video_ref_clk および DP_Audio_ref_clk を Zynq UltraScale+ MPSoC ラッパー ファイルに使用

* 3) トレース幅が 16 を超える場合もトレース クロックおよび制御信号をサポートするよう更新。HDL パラメーター C_Trace_Data_Width を追加

* 4) その他のバグ修正

ZYNQ7 Processing System (5.5)

* バージョン 5.5 (Rev. 3)

* 変更なし

ZYNQ7 Processing System BFM (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* 変更なし

axi_sg (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

interrupt_controller (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 4)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_bmg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_cdc (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

lib_fifo (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_pkg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

lib_srl_fifo (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

AR# 67345
日付 06/21/2016
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
ツール
  • Vivado Design Suite - 2016.2
このページをブックマークに追加