UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 67523

SDSoC - パフォーマンス見積もりを使用してコマンド ライン引数を実行ファイルへ含める方法

説明

SDSoC 環境のパフォーマンス見積もりレポートの [Click Here] リンクをクリックしても、作成された ELF ファイルに引数が直接渡されません。

ソリューション

Linux で実行されている ELF ファイルにコマンド ライン引数が必要な場合は、run コンフィギュレーションを作成する必要があります。 

Project Explorer でプロジェクトを右クリックし、[Run As] → [Run Configurations] をクリックします。

[Xilinx SDSoC Run Performance Estimation] を右クリックし、新しい run コンフィギュレーションを作成し、[arguments] タブに [Program Arguments] を追加したら、[Apply] をクリックします ([Run] はクリックしないでください)。

必要であれば、その他の run コンフィギュレーションを設定することもできます。SDSoC の [Performance Estimation] レポートの [Click Here] リンクをクリックし、[Run Application] ダイアログ ボックスが表示されたら、この run コンフィギュレーションを選択します。 

これで、コマンド ライン引数が作成された ELF ファイルに渡されて、見積もりレポートの生成前にソフトウェア ランタイムが収集されるようになります。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
67521 SDSoC - SDSoC 2016.2 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 67523
日付 07/13/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
  • Zynq UltraScale+ MPSoC
  • Zynq-7000
ツール
  • SDSoC
このページをブックマークに追加