UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 67891

UltraScale DDR4/DDR3 - BFM シミュレーション モードを使用したピンポン PHY ビヘイビアー シミュレーションでデータ エラーによる問題が発生する

説明

問題の発生したバージョン: DDR4 2.0 (Rev. 1)、DDR3 v1.2 (Rev. 1)

修正バージョン: DDR4 の場合は(Xilinx Answer 69035) 、DDR3 の場合は (Xilinx Answer 69036) を参照してください。

ピンポン PHY の 2 つのチャネルが異なるスロットの CAS コマンドを同じクロック サイクルで駆動する場合、ピンポン PHY のシミュレーションでエラーが発生することがあります (ピンポン PHY の使用は PG150 を参照)。

このような状況が発生すると、data_in_valid 信号が正しくアサート/ディアサートされず、読み出しデータ エラーが生じます。

ソリューション

これはバス ファンクション モデル (BFM) の問題で、IP GUI の [Advanced] タブにある UNISIM シミュレーション モードを使用することにより回避できます。


 

改訂履歴

2016/09/19 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
69036 UltraScale/UltraScale+ DDR3 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
69035 UltraScale/UltraScale+ DDR4 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 67891
日付 01/02/2018
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
  • Kintex UltraScale
  • Virtex UltraScale
ツール
  • Vivado Design Suite - 2016.2
  • Vivado Design Suite - 2016.3
IP
  • MIG UltraScale
このページをブックマークに追加