AR# 67895

2016.4 Vivado IP Flows - MicroBlaze ブロックを含むブロック デザイン (BD) をパッケージするときに「CRITICAL WARNING: [IP_Flow 19-4791] Block design with Microblaze subdesign IP 'my_design_microblaze_0_0' should be packaged with the XCI option」というクリティカル警告メッセージが表示される

説明

MicroBlaze ブロックを含むブロック デザイン (BD) があります。

[Include IP generated files] オプションを使用して BD をパッケージしようとすると、[Include .xci files] オプションしか使用できないことを伝える次のようなクリティカル警告メッセージが表示されます。

CRITICAL WARNING: [IP_Flow 19-4791] Block design with Microblaze subdesign IP 'my_design_microblaze_0_0' should be packaged with the XCI option. Packaging Microblaze subdesign IP with the Generated Files option may fail bitstream implementation as flattening synthesis attributes are lost in the process.

CRITICAL WARNING: [IP_Flow 19-4791] Block design with Microblaze subdesign IP 'bd_fad4_microblaze_I_0' should be packaged with the XCI option. Packaging Microblaze subdesign IP with the Generated Files option may fail bitstream implementation as flattening synthesis attributes are lost in the process.

Vivado IP パッケージャーで [Include IP generated files] オプションがサポートされないのであれば、なぜ用意されているのですか。

ソリューション

プロセッサを含むデザインに対して IP パッケージャーの [Include IP generated files] オプションを使用した場合に、パッケージされた BD が別の BD のブロックとして使用されると、制約の範囲が無効になります。

ザイリンクスでは、Vivado 2017.1 で修正が可能かどうか、この問題を評価中です。

修正が行われるまでは、クリティカル警告メッセージに示されるとおり、[Include .xci files] オプションを使用して BD をパッケージする必要があります。

(Xilinx Answer 67083) も参照してください。

AR# 67895
日付 12/19/2016
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール