AR# 67987

Zynq UltraScale+ MPSoC: 2016.3 FSBL、psu_init.tcl による TCM ECC 初期化

説明

このアンサーでは、バージョン 2016.3 FSBL または psu_init.tcl で Zynq UltraScale+ MPSoC 向けに実行される初期化について説明します。

ソリューション

2016.3 FSBL:

  • R5 では TCM ECC は常に初期化されます。
  • A53 では、TCM ECC の初期化によってリアルタイム プロセッサ ユニット (RPU) も電源が投入されるため、デフォルト実行されません。
    TCM ECC の初期化は、xfsbl_config で FSBL_A53_TCM_ECC_EXCLUDE_VAL を 0 に設定すると実行できます。

2016.3 psu_init.tcl:

  • 添付されているソース fsbl.tcl を使用して XFsbl_TcmInit を呼び出します。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
fsbl.tcl 19 KB TCL
AR# 67987
日付 10/27/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール