AR# 67991

JESD204 - rx_start_of_frame に関する情報

説明

JESD204 IP に関して rx_start_of_frame は何を表しますか。

ソリューション

rx_start_of_frame は、4 ビット フレーム境界の表示です。これにより、次のクロック サイクルで受信されるデータのフレームの最初のバイトの位置が示されます。

  • start_of_frame = 0001 の場合、フレームの最初のバイトは tdata ワードのビット [7:0] にあり、次の 3 バイトはビット [31:8] にあります。
  • start_of_frame = 0010 の場合、フレームの最初のバイトは tdata ワードのビット [15:8] にあり、次の 2 バイトはビット [31:16] にあります。ビット [7:0] には、前のフレームの最後が入ります。
  • start_of_frame = 0100 の場合、最初のバイトは tdata ワードのビット [23:16] にあり、次のバイトはビット [31:24] にあります。ビット [15:0] には、前のフレームの最後が入ります。
  • start_of_frame = 1000 の場合、tdata のビット [23:0] に前のフレームの最後の 3 バイトが入り、ビット [31:24] に新しいフレームの最初のバイトが入ります。

この信号は、AXI4-Stream データの 1 サイクル前にアサートされます。

マルチフレームのサイズが 4 の倍数であり、rx_buffer_delay も 4 の倍数である場合、最初の有効なバイトは常にバイト 0 にアライメントされます。

『JESD204 v7.0 LogiCORE IP 製品ガイド』 (PG066) に、AXI データを基準とする rx_start_of_frame と rx_end_of_frame のタイミングが示されています (図 2-3 および図 2-4 を参照)。


 
AR# 67991
日付 10/07/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
IP