AR# 68057

PetaLinux 2016.3 - 製品アップデートのリリース ノートおよび既知の問題

説明

このアンサーは PetaLinux 2016.3 のリリース ノートで、このリリースで修正された問題およびアップデートされた内容に関する情報へのリンクが含まれます。

ソリューション

PetaLinux 2016.3 に含まれるビルド情報

コンポーネントタグ/ブランチコメント
device-tree-generatorxilinx-v2016.3
Linuxxilinx-v2016.3カーネル バージョン 4.6
U-Bootxilinx-v2016.3U-Boot バージョン 2016.7
Xenxilinx-v2016.3
ARM-Trusted-Firmware (ATF)xilinx-v2016.3ATF はアップストリーム バージョン 1.2 に基づく
GCC- MB コンパイラ バージョン 5.2
- ARM 5.2
YOCTOKrogoth (2.1)


2016.3 PetaLinux リリースでサポートされる BSP

この表には、Zynq、MicroBlaze、および Zynq MPSoC に対してサポートされる BSP が含まれています。

プラットフォームバリアントBSP 名
ZynqZC702Xilinx-ZC702-v2016.3-final.bsp
ZynqZC706Xilinx-ZC706-v2016.3-final.bsp
ZynqZEDBOARDAvnet-Digilent-ZedBoard-v2016.3-final.bsp
MicroBlazeKC705Xilinx-KC705-v2016.3-final.bsp
MicroBlazeAC701Xilinx-AC701-v2016.3-final.bsp
MicroBlazeKCU105Xilinx-KCU105-AXI-full-v2016.3-final.bsp
Zynq MPSoCZCU102Xilinx-ZCU102-v2016.3-final.bsp

 

PetaLinux 2016.3 の新機能:

 

PetaLinux

アンサー番号アンサー タイトル
(Xilinx Answer 67958)2016.3 PetaLinux - XEN バックエンド ネットワーク ドライバーがデフォルトで有効
(Xilinx Answer 67968)2016.3 PetaLinux - Bridge Utils パッケージが PetaLinux ルート ファイル システムに含まれデフォルトで有効になっている
(Xilinx Answer 67971)2016.3 PetaLinux - PetaLinux ルート ファイル システムで Dropbear がデフォルトで有効である
(Xilinx Answer 67985)2016.3 PetaLinux - KCU105 ボード サポート パッケージ
(Xilinx Answer 68124)2016.3 PetaLinux - PetaLinux で Zynq シングル コア デバイスをサポート

Yocto

アンサー番号アンサー タイトル
(Xilinx Answer 68119)2016.3 Yocto リリースでの機能

 

FSBL

アンサー番号アンサー タイトル
(Xilinx Answer 67952)Zynq-7000 SoC、2016.3 FSBL - シングル コア ARM Cortex-A9 MPCore をサポート
(Xilinx Answer 67953)Zynq UltraScale+ MPSoC、2016.3 FSBL および PMUFW: 分離 (拡張セキュリティ設定) のサポート
(Xilinx Answer 67954)Zynq UltraScale+ MPSoC、2016.3 FSBL: メモリ レイアウトの変更
(Xilinx Answer 67955)Zynq UltraScale+ MPSoC、2016.3 FSBL: XFsbl_HookPsuInit() の追加によって psu_init がロード可能
(Xilinx Answer 67987)Zynq UltraScale+ MPSoC: 2016.3 FSBL、psu_init.tcl による TCM ECC 初期化

 

U-Boot

U-Boot に対するコンフィギュレーション デバイス サポート:

(Xilinx Answer 65463)

 

PMU ファームウェア

アンサー番号アンサー タイトル
(Xilinx Answer 67820)Zynq UltraScale+ MPSoC: 2016.3 PMUFW、エラー管理
(Xilinx Answer 67818)Zynq UltraScale+ MPSoC: JTAG/SD ブート モードでの 2016.3 PMUFW の読み込みおよびサンプルの実行
(Xilinx Answer 67819)Zynq UltraScale+ MPSoC: 2016.3 PMUFW、カスタム初期化コードの追加方法

 

Linux ドライバー

アンサー番号アンサー タイトル
(Xilinx Answer 68058)2016.3 PetaLinux Zynq MP Linux リセット コントローラー ドライバー
(Xilinx Answer 68077)2016.3 PetaLinux Zynq UltraScale+ MPSoC: Common Clock Framework (CCF) を用いた AXI Performance Monitor (APM) のサンプル クロック
(Xilinx Answer 68078)2016.3 PetaLinux Zynq UltraScale+ MPSoC - NAND Linux ドライバーでの消費電力管理


2016.3 での既知の問題

Linux/スタンドアロンアプリケーション説明回避策修正予定のバージョン
Linux およびスタンドアロンOpenAmpZynq UltraScale+ MPSoC 2016.3: SD からのブート時に RPU が OCM から実行されない(Xilinx Answer 67995)2017.1
LinuxPMU ファームウェアZynq UltraScale+ MPSoC 2016.3: デバッグ出力が有効になっていると PMU ファームウェアが停止することがある(Xilinx Answer 67996)2017.1
スタンドアロンSSW_LibrariesZynq UltraScale+ MPSoC: RPU_1 に対して USE_AMP フラグが有効になっていると RPU_1 で割り込みを取得できないことがある(Xilinx Answer 68000)2016.4
スタンドアロンFSBLZynq UltraScale+ MPSoC、2016.3 FSBL: R5 のベクター領域がセキュア パーティションで上書きされる2017.1
Linuxデバイス ツリー2016.3 PetaLinux - Zynq UltraScale+ MPSoC: Linux のブートアップ時に「[ 5.001929] xilinx-zynqmp-dma ffa80000.dma: main clock not found」という警告メッセージが表示される (Xilinx Answer 68118)2016.4
LinuxPetaLinux2016.3 PetaLinux - ブートアップ中に「[Firmware Warn]: /amba/ethernet@e000b000/mdio/phy@7: Whitelisted compatible string. Please remove」というエラー メッセージが表示される(Xilinx Answer 68095)2016.4
スタンドアロンFSBLZynq UltraScale+ MPSoC、2016.3 FSBL: R5 のベクター領域がセキュア パーティションで上書きされる(Xilinx Answer 68001)2017.1
LinuxPMU ファームウェアZynq UltraScale+ MPSoC、2016.3 セルフサスペンド例 - R5-OCM が再開時に停止する(Xilinx Answer 68002)2016.4
LinuxPMU ファームウェアZynq UltraScale+ MPSoC: 2016.3 PMUFW によって AIB (あれば) が有効になり、電源が切断されたコンポーネントが分離される(Xilinx Answer 68003)2016.4
LinuxPetaLinux2016.3 PetaLinux: すべての MicroBlaze デザインに対して PetaLinux Config で TCF エージェントを有効にすると TCF エージェントが自動的にロードされない(Xilinx Answer 68004)2016.4
スタンドアロンFSBLZynq UltraScale+ MPSoC: NAND ブート モードの場合、最新の PMUFW ロード時に 2016.3 FSBL でエラーが発生する(Xilinx Answer 68005)2016.4
LinuxATF2016.3 SDK - ATF: SDK で生成された ATF イメージにより FPD ダウンの一時停止/再開でエラーが発生する (Xilinx Answer 68162)2016.4
Linuxu-boot2016.3 Zynq UltraScale+ MPSoC、 Create Boot Image オプション: u-boot イメージがブートできない(Xilinx Answer 68061)2017.1
LinuxPetaLinux/Yocto2016.3/2016.4 PetaLinux/Yocto: Linux の reboot コマンドを実行するとボードが停止する(Xilinx Answer 68514)2017.1

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
55776 PetaLinux 2013.04 およびそれ以降のリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A

サブアンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
67958 2016.3 PetaLinux - XEN バックエンド ネットワーク ドライバーがデフォルトで有効 N/A N/A
67968 2016.3 PetaLinux - Bridge Utils パッケージが PetaLinux ルート ファイル システムに含まれデフォルトで有効になっている N/A N/A
67971 2016.3 PetaLinux - PetaLinux ルート ファイル システムで Dropbear がデフォルトで有効である N/A N/A
67985 2016.3 PetaLinux - KCU105 ボード サポート パッケージ N/A N/A
68119 2016.3 Yocto リリースでの機能 N/A N/A
67952 Zynq-7000 SoC、2016.3 FSBL - シングル コア Arm Cortex-A9 MPCore をサポート N/A N/A
67953 Zynq UltraScale+ MPSoC、2016.3 FSBL および PMUFW: 分離 (拡張セキュリティ設定) のサポート N/A N/A
67954 Zynq UltraScale+ MPSoC、2016.3 FSBL: メモリ レイアウトの変更 N/A N/A
67955 Zynq UltraScale+ MPSoC、2016.3 FSBL: XFsbl_HookPsuInit() の追加によって psu_init がロード可能 N/A N/A
67987 Zynq UltraScale+ MPSoC: 2016.3 FSBL、psu_init.tcl による TCM ECC 初期化 N/A N/A
67820 Zynq UltraScale+ MPSoC: 2016.3 PMUFW、エラー管理 N/A N/A
67818 Zynq UltraScale+ MPSoC: JTAG/SD ブート モードでの 2016.3 PMUFW の読み込みおよびサンプルの実行 N/A N/A
67819 Zynq UltraScale+ MPSoC: 2016.3 PMUFW、カスタム初期化コードの追加方法 N/A N/A
68058 2016.3 PetaLinux Zynq MP Linux リセット コントローラー ドライバー N/A N/A
68077 2016.3 PetaLinux Zynq UltraScale+ MPSoC: Common Clock Framework (CCF) を用いた AXI Performance Monitor (APM) のサンプル クロック N/A N/A
68078 PetaLinux Zynq UltraScale+ MPSoC - NAND Linux ドライバーでの消費電力管理 N/A N/A
67995 Zynq UltraScale+ MPSoC 2016.3: SD からのブート時に RPU が OCM から実行されない N/A N/A
67996 Zynq UltraScale+ MPSoC 2016.3: デバッグ出力が有効になっていると PMU ファームウェアが停止することがある N/A N/A
68000 Zynq UltraScale+ MPSoC: RPU_1 に対して USE_AMP フラグが有効になっていると RPU_1 で割り込みを取得できないことがある N/A N/A
68118 2016.3 PetaLinux - Zynq UltraScale+ MPSoC: Linux のブートアップ時に「[ 5.001929] xilinx-zynqmp-dma ffa80000.dma: main clock not found」という警告メッセージが表示される N/A N/A
68095 2016.3 PetaLinux - ブートアップ中に「[Firmware Warn]: /amba/ethernet@e000b000/mdio/phy@7: Whitelisted compatible string.Please remove」というエラー メッセージが表示される N/A N/A
68001 Zynq UltraScale+ MPSoC、2016.3 FSBL: R5 のベクター領域がセキュア パーティションで上書きされる N/A N/A
68002 Zynq UltraScale+ MPSoC、2016.3 セルフサスペンド例 - R5-OCM が再開時に停止する N/A N/A
68003 2017.1 - 2016.3/4 Zynq UltraScale+ MPSoC: PMUFW によって AIB (あれば) がイネーブルになり、電源が切断されたコンポーネントが分離される N/A N/A
68004 2016.3 PetaLinux: すべての MicroBlaze デザインに対して PetaLinux Config で TCF エージェントを有効にすると TCF エージェントが自動的にロードされない N/A N/A
68005 Zynq UltraScale+ MPSoC: NAND ブート モードの場合、最新の PMUFW ロード時に 2016.3 FSBL でエラーが発生する N/A N/A
68124 2016.3 PetaLinux - PetaLinux で Zynq シングル コア デバイスをサポート N/A N/A
65463 Zynq UltraScale+ MPSoC - コンフィギュレーションでサポートされているフラッシュ デバイス N/A N/A
68514 2016.3 - 2017.2 Zynq UltraScale+ MPSoC: Linux の reboot コマンドを実行するとボードがハングする N/A N/A
AR# 68057
日付 05/21/2018
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
デバイス
ツール
Boards & Kits