AR# 68236

UltraScale DDR4 - 一部の RDIMM でロックされた IP をアップグレードできない可能性がある

説明

問題の発生したバージョン: DDR4 v2.1 (Rev. 1)

修正バージョン: (Xilinx Answer 69035) 参照

ロックされた IP を新しいバージョンの Vivado にアップグレードしようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

ERROR: [Mig 66-119] Phy core regeneration & stitching failed. Please check vivado.log and debug_core_synth.log files in the directory: /proj/ipmig2/rakeshb/Upgrade_Flow_testing_2016.1_to_2016.4/ddr4_cmc_50tests_upgrade/ddr4_cmc_50tests_upgrade/SN6_virtexuDDR4_926MHz_72bit_ecc_ssit_BFM_XSDB_EN/vivado/impl/SN6_virtexuDDR4_ooc_en_example/SN6_virtexuDDR4_example/SN6_virtexuDDR4_ooc_en_ex/SN6_virtexuDDR4_ex/SN6_virtexuDDR4_ex.runs/impl_1/.Xil/Vivado-29140-xhd-lin64re91/29140 to debug the problem.
Phase 1 Generate And Synthesize MIG Cores | Checksum: 16911367c

このエラー メッセージは、ターゲットとする DDR4 デバイスのアドレス幅がリリース間で変わるために表示されます。次の DDR4 RDIMM デバイスのみが影響を受けます。


  • MTA18ASF1G72PZ-2G1
  • MTA36ASF2G72PZ-2G1
  • MTA18ADF1G72PZ-2G1

ソリューション

このエラー メッセージが表示され、影響を受ける DDR4 RDIMM デバイスをターゲットとしている場合は、新しいバージョンの Vivado で DDR4 IP を最初から再生成すると、問題が解決します。

改訂履歴

2016/11/17 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
69035 UltraScale/UltraScale+ DDR4 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 68236
日付 01/12/2018
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
ツール
IP