AR# 69037

UltraScale/UltraScale+ RLDRAM3 - リリース ノートおよび既知の問題

説明

このアンサーでは、RLDRAM3 UltraScale および UltraScale+ コアのリリース ノートおよび既知の問題を示します。次の情報が記載されています。

  • 一般情報
  • 既知の問題および修正された問題
  • 改訂履歴

このリリース ノートおよび既知の問題は、 UltraScale および UltraScale+ ベースのデバイスでサポートされるプログラマブル ロジック RLDRAM3 IP コアを対象としています。

RLDRAM3 IP ページ:

https://japan.xilinx.com/products/intellectual-property/rldram.html


ザイリンクス フォーラム:

テクニカル サポートは、メモリ インターフェイス ボードをご活用ください。ザイリンクス フォーラムを利用すると、問題解決に役立ちます。

ザイリンクス コミュニティに質問したり、ザイリンクス エキスパートと協力したりして、ソリューションを見つけ出すことができます。

ソリューション

サポートされるデバイスは次の場所から確認できます。

 

各バージョンにおける新機能と追加されたデバイス サポートのリストは、Vivado デザイン ツールに含まれるコアの変更ログ ファイルを参照してください。

表 1 に、コアの各バージョンに対して、それが最初に含まれた Vivado デザイン ツールのバージョンを示します。

 

表 1: バージョン対照表

RLDRAM3 バージョンVivado のバージョン
v1.4 (Rev. 9)2020.1
v1.4 (Rev. 8)2019.2
v1.4 (Rev. 7)2019.1
v1.4 (Rev. 6)2018.3
v1.4 (Rev. 5)2018.2
v1.4 (Rev. 4)2018.1
v1.4 (Rev. 3)2017.4
v1.4 (Rev. 2)2017.3
v1.4 (Rev. 1)2017.2
v1.42017.1
v1.3 (Rev. 1)2016.4
v1.32016.3
v1.2 (Rev. 1)2016.2
v1.22016.1
v1.12015.4
v1.02015.3
v7.12015.2
v7.02015.1
v6.12014.4
v6.02014.3
v5.0 (Rev. 1)2014.2
v5.02014.1

 

UltraScale ファミリ FPGA でサポートされているメモリ インターフェイスおよび動作周波数のリストについては、メモリ ソリューションのページの [外部メモリインターフェイス] のセクションを参照してください。

サポートされている RLDRAM3 メモリ デバイスの完全リストについては、このアンサーに添付されている memory_device_support_rldram3.xlsx を参照してください。

サポートされる OS および IP リリース ノートなどを含めた Vivado の新機能については、(UG973) を参照してください。

既知の問題および修正された問題

表 2 に、2015.1 以降の MIG UltraScale RLDRAM3 IP のパッチを示します。IP を 2016.1 にアップグレードできないプロダクション リリースの場合はこのパッチをインストールすることが推奨されます。

それ以外のユーザーは 2016.1 にアップグレードしてください。

表 3 に、UltraScale ファミリ RLDRAM3 IP に対する既知の問題および修正された問題を示します。

注記: [問題の発生したバージョン] 列には、問題が最初に見つかったバージョンを示しています。問題はそれ以前のバージョンでも発生していた可能性がありますが、以前のバージョンではそれを検証するテストは実行されていません。

表 2: RLDRAM3 IP のパッチ

アンサータイトル問題の発生したバージョン修正バージョン
(Xilinx Answer 69438)UltraScale/UltraScale+ RLDRAM3 IP v1.4 - Vivado 2016.4 および 2017.x - 以前に機能していたインターフェイスのキャリブレーションが書き込み DQ/DM スキュー調整ステップでエラーになるv1.4N/A
(Xilinx Answer 70214)UltraScale/UltraScale+ - RLDRAM3 IP - SEM および RLD 統合用のパッチv1.3なし
(Xilinx Answer 66689)UltraScale RLDRAM3 IP - Vivado 2015.4 の推奨パッチ アップデートv1.1v2.0
(Xilinx Answer 66688)UltraScale RLDRAM3 IP - Vivado 2015.3 の推奨パッチ アップデートv1.0v2.0
(Xilinx Answer 66035)MIG UltraScale RLDRAM3 IP - Vivado 2015.2 の推奨パッチ アップデートv7.1v2.0
(Xilinx Answer 66034)MIG UltraScale RLDRAM3 IP - Vivado 2015.1 の推奨パッチ アップデートv7.0v2.0


表 3: 既知の問題および修正された問題

アンサータイトル問題の発生したバージョン修正バージョン
(Xilinx Answer 73714)UltraScale/UltraScale+ Memory IP - 以前のバージョンの Vivado でロックされた IP を 2020.1以降で使用するとインプリメンテーション中またはハードウェアでエラーが発生するv1.4 (Rev. 9)修正予定なし
(Xilinx Answer 72230)UltraScale/UltraScale+ - RLDRAM3 IP - RLDRAM3 と SEM IP が共存する場合の既知の問題v1.3修正予定なし。
(Xilinx Answer 67922)UltraScale RLDRAM3 - TG_MAX_NUM_OF_ITER_ADDR パラメーターに大きな値を設定してテストを実行すると Advanced Traffic Generator (ATG) でデータ比較エラーが検出されるv1.2 (Rev.1)なし
(Xilinx Answer 67367)UltraScale RLDRAM3 - 576 Mb x36 および 1.125 Gb x36 パーツをターゲットにするとピン配置に余分なアドレス ビットが生成されるv1.2v1.3
(Xilinx Answer 67125)UltraScale RLDRAM3 - 15 の読み出しレイテンシ (RL) および -107 のスピード ビンに対して仕様違反が許可されるv1.2v1.2 (Rev.1)
(Xilinx Answer 66589)UltraScale RLDRAM3 - - 「[Place 30-484] The packing of lutram instances into lutram capable slices could not be obeyed.」というエラー メッセージが表示されるv1.1v1.2
(Xilinx Answer 65371)UltraScale RLDRAM3 - 動作周波数が低いとハードウェア エラーが発生する可能性があるv1.0v1.2
(Xilinx Answer 65787)UltraScale RLDRAM3 - データ マスク (DM) を無効にすると、キャリブレーション エラーが発生するv1.0v1.1
(Xilinx Answer 65651)UltraScale RLDRAM3 - 読み出しレイテンシ 17 は -093E パーツに有効な値ではないv1.0v1.1
(Xilinx Answer 65219)UltraScale RLDRAM3 - 古いバージョンの MIG UltraScale RLDRAM IP を使用すると 2015.3 でクリティカル警告メッセージが表示されるv1.0修正予定なし。
(Xilinx Answer 64946)UltraScale RLDRAM3 - RESET# に PCB プルダウン抵抗が必要であるv7.1v1.0
(Xilinx Answer 64772)UltraScale RLDRAM3 - 数多くのロジック レベルが存在するために mmcm_clk0 ドメインでタイミング エラーが発生するv7.1v1.0
(Xilinx Answer 64486)UltraScale RLDRAM3 - 周波数が 750 MHz より高い場合に tWTR 違反が発生するv7.0v1.0
(Xilinx Answer 64642)UltraScale RLDRAM3 - IP を 2015.1 にアップグレードすると DDR4 コントローラーが作成されるv7.0v7.1
(Xilinx Answer 62593)UltraScale RLDRAM3 - 72 ビット デザインのデフォルトのバンク選択ではすべてのデータ バイト レーンが選択されないv6.0v7.0
(Xilinx Answer 63596)UltraScale DDR4/DDR3/RLDRAM3 - 2014.4.1 を使用しているとホールド違反が発生する可能性があるv6.1v7.0
(Xilinx Answer 63687)UltraScale RLDRAM3 - QVLD キャリブレーション中に IDELAY タップが移動せず、ハードウェアでデータ エラーが発生することがあるv6.1v7.0
(Xilinx Answer 63238)UltraScale RLDRAM3 - 緊急パッチ - mmcm_clkout0 ドメインのタイミング エラーv6.1v7.0
(Xilinx Answer 61627)UltraScale RLDRAM3 - RLDRAM3 デザインでデータ マスクが使用できないv5.0 (Rev.1)v6.0
(Xilinx Answer 60951)UltraScale RLDRAM3 および QDRII+ - XiPHY から riu_clk でタイミング エラーが発生するv5.0 (Rev. 1)v6.0

 

改訂履歴

2017/04/18RLDRAM3 用に別のアンサー レコードを作成
2017/06/122017.2 用にアップデート。アンサー 68028、69291 を追加
2017/06/22アンサー 69324 を追加
2017/07/31アンサー 68937 へのリンクをアップデート
2017/09/182017.3 用にフォーマットおよび内容をアップデート
2017/11/292017.4 用にアップデート
2018/03/132018.1 用にアップデート
2018/09/202018.3 用にアップデート
2019/05/022019.1 用にアップデート。アンサー 72230 を追加
2019/10/212019.2 用にアップデート
2020/05/21AR#73714 を追加し、2020.1 用にアップデート

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
memory_device_support_rldram3.xlsx 19 KB XLSX

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
58435 MIG UltraScale - IP Release Notes and Known Issues for Vivado 2014.1 and newer tool versions N/A N/A

サブアンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
60951 UltraScale RLDRAM3 および QDRII+ - XiPHY から riu_clk でタイミング エラーが発生する N/A N/A
61627 UltraScale RLDRAM3 - RLDRAM3 デザインでデータ マスクが使用できない N/A N/A
63238 UltraScale RLDRAM3 - 緊急パッチ - mmcm_clkout0 ドメインのタイミング エラー N/A N/A
63687 MIG UltraScale RLDRAM3 - QVLD キャリブレーション中に IDELAY タップが移動せず、ハードウェアでデータ エラーが発生することがある N/A N/A
63596 UltraScale DDR4/DDR3/RLDRAM3 - 2014.4.1 を使用しているとホールド違反が発生する可能性がある N/A N/A
62593 UltraScale RLDRAM3 - 72 ビット デザインのデフォルトのバンク選択ではすべてのデータ バイト レーンが選択されない N/A N/A
64642 UltraScale RLDRAM3 - IP を 2015.1 にアップグレードすると DDR4 コントローラーが作成される N/A N/A
64486 UltraScale RLDRAM3 - 周波数が 750 MHz より高い場合に tWTR 違反が発生する N/A N/A
67125 UltraScale RLDRAM3 - 15 の読み出しレイテンシ (RL) および -107 のスピード ビンに対して仕様違反が許可される N/A N/A
64946 UltraScale RLDRAM3 - RESET# に PCB プルダウン抵抗が必要である N/A N/A
65219 UltraScale RLDRAM3 - 古いバージョンの MIG UltraScale RLDRAM IP を使用すると 2015.3 でクリティカル警告メッセージが表示される N/A N/A
65651 UltraScale RLDRAM3 - 読み出しレイテンシ 17 は -093E パーツに有効な値ではない N/A N/A
65787 UltraScale RLDRAM3 - データ マスク (DM) を無効にすると、キャリブレーション エラーが発生する N/A N/A
66589 UltraScale RLDRAM3 - 「[Place 30-484] The packing of lutram instances into lutram capable slices could not be obeyed.」というエラー メッセージが表示される N/A N/A
67922 UltraScale RLDRAM3 - TG_MAX_NUM_OF_ITER_ADDR パラメーターに大きな値を設定してテストを実行すると Advanced Traffic Generator (ATG) でデータ比較エラーが検出される N/A N/A
66034 MIG UltraScale RLDRAM3 - 2015.1 の推奨パッチ アップデート N/A N/A
66035 MIG UltraScale RLDRAM3 - Vivado 2015.2 の推奨パッチ アップデート N/A N/A
66688 UltraScale RLDRAM3 IP - Vivado 2015.3 の推奨パッチ アップデート N/A N/A
64772 UltraScale RLDRAM3 - 数多くのロジック レベルが存在するために mmcm_clk0 ドメインでタイミング エラーが発生する N/A N/A
65371 UltraScale RLDRAM3 - 動作周波数が低いとハードウェア エラーが発生する可能性がある N/A N/A
66689 UltraScale RLDRAM3 IP - Vivado 2015.4 の推奨パッチ アップデート N/A N/A
71697 UltraScale+ RFSoC DDR4/DDR3/RLDRAM3 - FSVE1156 パッケージで間違ったデータ幅が使用できてしまう N/A N/A
72230 UltraScale/UltraScale+ - RLDRAM3 IP - RLDRAM3 と SEM IP が共存する場合の既知の問題 N/A N/A
73714 UltraScale/UltraScale+ Memory IP - 前のバージョンの Vivado のロックされた IP を 2020.1 以降で使用するとインプリメンテーション中またはハードウェアでエラーが発生する N/A N/A
AR# 69037
日付 06/10/2020
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
デバイス 詳細 概略
ツール
IP