UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 69041

UltraScale/UltraScale+ LPDDR3 IP - サポートされてない周波数 (533 MHz を越える) のハイ レンジ I/O バンクへの配置

説明

問題の発生したバージョン: Vivado 2017.1 の LPDDR3 v1.0

修正バージョン: (Xilinx Answer 69040) を参照

ハイ レンジ I/O バンクの LPDDR3 インターフェイス (LPDDR3 HR IO) の動作周波数は 300 MHz から 533 MHz までです。

Vivado 2017.1 で 533 MHz を超える LPDDR3 インターフェイスの動作周波数を生成し、ハイ レンジ I/O バンクに配置しても、周波数に関して警告メッセージや DRC 違反がビットストリーム生成段階まで表示されない可能性があります。

ハイ レンジ I/O バンクに 533 MHz を超える LPDDR3 インターフェイスを配置すると、アプリケーションで問題になるので回避してください。

ソリューション

ハイ レンジ I/O バンクに配置する場合の LPDDR3 インターフェイスの最大動作周波数は 533 MHz です。

動作周波数が 533 MHz を超えていても警告メッセージや DRC 違反が表示されないため、『Kintex UltraScale FPGA データシート: DC 特性および AC スイッチ特性』 (DS892) のガイドラインに必ず沿ってください。

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
69040 UltraScale/UltraScale+ LPDDR3 IP - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 69041
日付 12/15/2017
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
ツール
IP
このページをブックマークに追加