AR# 69048

2017.x Vivado シミュレーション - 既知の問題

説明

このアンサーでは、Vivado 2017.x リリースのシミュレーションに関する既知の問題をリストします。

それぞれの既知の問題には、その詳細を記載したアンサーへのリンクがあります。

ソリューション

Vivado 2017.2 で修正されていない既知の問題

(Xilinx Answer 69251)2017.1/2 Vivado シミュレータ - 「ERROR: [XSIM 43-3316] Signal SIGSEGV received」というエラー メッセージが表示される
(Xilinx Answer 69252)2017.1/2 - compile_simlib によってアクティブな HDL をターゲットにした secureIP コンパイルに誤ったスイッチが渡される


Vivado 2017.1 で修正されていない既知の問題

(Xilinx Answer 67272)Vivado シミュレータ 2016.1 - デザインのリンクで ERROR: [XSIM 43-3238] というエラー メッセージが表示される
(Xilinx Answer 67890)2016.3 - Vivado シミュレータ - プリコンパイルされた IP インスタンスのスコープが [Scope] ウィンドウに表示されない


Vivado 2017.1 で修正された既知の問題

(Xilinx Answer 67870)2016.3 - Compile Simlib - -ise_install_path オプションを使用すると XPM ライブラリのコンパイルでエラーが発生する
(Xilinx Answer 68778)Vivado シミュレータ - generate ブロック内でエントリをインスタンシエートした場合、ポートまたは信号が SAIF ファイルに書き出されない
AR# 69048
日付 10/02/2017
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール