UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 6905

12.1 制約 - DLL、PLL、DCM、または MMCM 使用して、PERIOD タイミング指定を適用する方法について

説明


DLL、PLL、DCM、または MMCM 使用して、PERIOD タイミング指定を適用する方法について

詳細は、(ザイリンクス アンサー 2586) を参照してください。

ソリューション


DLL、PLL、DCM、または MMCM コンポーネントの CLKIN ピンに TNM_NET プロパティがトレースされる場合、TNM グループとその使用が確認されます。次の条件に適合した場合にのみ、TNM は CLKDLL に適用されます。

- TNM グループの名前が 1 つの PERIOD 制約でのみ使用されている。
- TNM グループ名が FROM:TO でも OFFSET 制約でも使用されていない。
- TNM グループ名がほかのユーザー グループ定義で参照されていない。

上記のいずれの条件にも適合しない場合、TNM は CLKDLL/DCM/PLL には適用されず、警告メッセージが表示されます。

''ERROR:NgdHelpers:702 - The TNM ''PAD_CLK'' drives the CLKIN pin of CLKDLL ''$I1''. This TNM cannot be traced through the CLKDLL/DCM/PLL because it is not used in exactly one PERIOD specification. This TNM is used in the following user groups and/or specifications:

TS_PAD_CLK=PERIOD PAD_CLK 20000.000000 pS HIGH 50.000000%
TS_01=FROM PAD_CLK TO PADS 20000.000000 pS"

上記の条件が満たされている場合、DCM/PLL/DLL/MMCM 上の各クロックの出力ピンが、最低 1 つの接続を有するネットに接続されているか (ネットが接続されていないかなど) が確認されます。 9出力ピンにネットが接続されている場合は、新しい TNM グループがそのネットに作成されます。また新しい PERIOD 制約がそのグループに作成されます。新しい制約は元の PERIOD 制約からコピーされ次のように変更されます。

次の出力ピンに対する PERIOD 制約への変更

CLK0 : 下記のメモを参照

CLK90 : 下記のメモを参照

CLK180 : 下記のメモを参照

CLK270 : 下記のメモを参照

CLK2X : 元の値が周波数の場合は PERIOD の値は 2 倍になり、元の値が遅延の場合は 1/2 になります。デューティ サイクルは 50% に調整されます。

CLKDV : PERIOD の値は周波数の場合は 1/2 になり、遅延の場合は CLKDV_DIVIDE プロパティの値で乗算されます。CLKDLL にこのようなプロパティがない場合は、デフォルトの値 2.0 が使用されます。デューティ サイクルは 50% に調整されます。

メモ : DUTY_CYCLE_CORRECTION=TRUE プロパティが CLKDLL に設定されている場合は、デューティ サイクルは 50% に調整されます。DUTY_CYCLE_CORRECTION=FALSE が検知されると、デューティ サイクルは元の PERIOD 制約の値と同じになります。DUTY_CYCLE_CORRECTION プロパティがない場合は、デフォルト値の TRUE となります。

元の TNM_NET プロパティが CLKDLL CLKIN ピンにのみプッシュされると (CLKDLL を通らないと適切なエレメントまでトレースされないと)、TNM グループと元の PERIOD 指定がデザインから削除されます。

新規に作成された TNM グループが CLKDLL 出力からプッシュされ、2 番目の CLKDLL の CLKIN に入力された場合 (例 : 4X コンフィギュレーション) は、上記のプロセスが繰り返され 2 番目の CLKDLL の動作に合わせて PERIOD 制約が更に調節されます。最初の CLKDLL のために作られたグループが 2 番目の CLKDLL にのみトレースする場合は、そのグループと PERIOD 制約は不必要になり削除されます。

CLKDLL 制約の詳細は、『制約ガイド』を参照してください。

http://japan.xilinx.com/support/software_manuals.htm

タイミング制約の詳細は、『Timing Constraints User Guide』を参照してください。 http://japan.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals/xilinx12_1/ug612.pdf
AR# 6905
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般
ツール
  • ISE - 10.1
  • ISE Design Suite - 11.1
  • ISE Design Suite - 11.2
  • More
  • ISE Design Suite - 11.3
  • ISE Design Suite - 11.4
  • ISE Design Suite - 11.5
  • ISE Design Suite - 12.1
  • ISE Design Suite - 12.2
  • Less