AR# 6905

12.1 制約 - DLL、PLL、DCM、または MMCM 使用して、PERIOD タイミング指定を適用する方法について

説明


DLL、PLL、DCM、または MMCM 使用して、PERIOD タイミング指定を適用する方法について

詳細は、(ザイリンクス アンサー 2586) を参照してください。

ソリューション


DLL、PLL、DCM、または MMCM コンポーネントの CLKIN ピンに TNM_NET プロパティがトレースされる場合、TNM グループとその使用が確認されます。次の条件に適合した場合にのみ、TNM は CLKDLL に適用されます。

- TNM グループの名前が 1 つの PERIOD 制約でのみ使用されている。
- TNM グループ名が FROM:TO でも OFFSET 制約でも使用されていない。
- TNM グループ名がほかのユーザー グループ定義で参照されていない。

上記のいずれの条件にも適合しない場合、TNM は CLKDLL/DCM/PLL には適用されず、警告メッセージが表示されます。

''ERROR:NgdHelpers:702 - The TNM ''PAD_CLK'' drives the CLKIN pin of CLKDLL ''$I1''. This TNM cannot be traced through the CLKDLL/DCM/PLL because it is not used in exactly one PERIOD specification. This TNM is used in the following user groups and/or specifications:

TS_PAD_CLK=PERIOD PAD_CLK 20000.000000 pS HIGH 50.000000%
TS_01=FROM PAD_CLK TO PADS 20000.000000 pS"

上記の条件が満たされている場合、DCM/PLL/DLL/MMCM 上の各クロックの出力ピンが、最低 1 つの接続を有するネットに接続されているか (ネットが接続されていないかなど) が確認されます。 9出力ピンにネットが接続されている場合は、新しい TNM グループがそのネットに作成されます。また新しい PERIOD 制約がそのグループに作成されます。新しい制約は元の PERIOD 制約からコピーされ次のように変更されます。

次の出力ピンに対する PERIOD 制約への変更

CLK0 : 下記のメモを参照

CLK90 : 下記のメモを参照

CLK180 : 下記のメモを参照

CLK270 : 下記のメモを参照

CLK2X : 元の値が周波数の場合は PERIOD の値は 2 倍になり、元の値が遅延の場合は 1/2 になります。デューティ サイクルは 50% に調整されます。

CLKDV : PERIOD の値は周波数の場合は 1/2 になり、遅延の場合は CLKDV_DIVIDE プロパティの値で乗算されます。CLKDLL にこのようなプロパティがない場合は、デフォルトの値 2.0 が使用されます。デューティ サイクルは 50% に調整されます。

メモ : DUTY_CYCLE_CORRECTION=TRUE プロパティが CLKDLL に設定されている場合は、デューティ サイクルは 50% に調整されます。DUTY_CYCLE_CORRECTION=FALSE が検知されると、デューティ サイクルは元の PERIOD 制約の値と同じになります。DUTY_CYCLE_CORRECTION プロパティがない場合は、デフォルト値の TRUE となります。

元の TNM_NET プロパティが CLKDLL CLKIN ピンにのみプッシュされると (CLKDLL を通らないと適切なエレメントまでトレースされないと)、TNM グループと元の PERIOD 指定がデザインから削除されます。

新規に作成された TNM グループが CLKDLL 出力からプッシュされ、2 番目の CLKDLL の CLKIN に入力された場合 (例 : 4X コンフィギュレーション) は、上記のプロセスが繰り返され 2 番目の CLKDLL の動作に合わせて PERIOD 制約が更に調節されます。最初の CLKDLL のために作られたグループが 2 番目の CLKDLL にのみトレースする場合は、そのグループと PERIOD 制約は不必要になり削除されます。

CLKDLL 制約の詳細は、『制約ガイド』を参照してください。

http://japan.xilinx.com/support/software_manuals.htm

タイミング制約の詳細は、『Timing Constraints User Guide』を参照してください。 http://japan.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals/xilinx12_1/ug612.pdf
AR# 6905
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略