AR# 69071

UltraScale/UltraScale+ DDR4/DDR3 IP - NCSIM の UNISIM モデルまたは ncinitialize オプションを使用したシミュレーションで予期せぬ結果になる

説明

問題の発生したバージョン: DDR4 v2.1 (Rev. 1) および DDR3 v1.3 (Rev. 1)

修正バージョン: DDR4 の場合は (Xilinx Answer 69035) を、DDR3 の場合は (Xilinx Answer 69036) を参照

Cadence NCSIM または IES を使用して DDR3/DDR4 インターフェイスのシミュレーションを実行する際に、ザイリンクス UNISIM モデルが IP で選択されている場合および ncinitialize オプションがシミュレーション テストベンチで使用されている場合は、結果が予期しないものになることがあります。

  • シミュレーションのメモリ インターフェイスを確認すると、書き込みデータおよび読み出しデータは正しい可能性がありますが、IP の最上位ユーザー インターフェイスにデータ エラーが表示されることがあります。
  • 書き込まれたデータがゼロ以外の値でも、読み出されたデータがすべてゼロになることがあります。
  • AXI 読み出しチャネルで正しい数の RVALID が生成されても、読み出しデータがミスアライメントまたは古い場合があります。
  • IP を確認すると、有効なデータが UI で AXI バウンダリにアライメントされていません。

注記: この問題は、ネイティブおよび AXI インターフェイスで発生することがあります。

ソリューション

ncinitialize オプションを使用すると、Micron メモリ モデルで問題が発生します。その理由は、シミュレーション テストベンチで不明な値を引き起こすためです。

NCSIM でおかしなシミュレーション問題が発生している場合は、テストベンチで ncinitialize を使用しているかどうかを確認してください。

 

ncinitialize 0 を使用すると、ザイリンクス XIPHY UNISIM モデルで問題が発生します。

この動作は Micron およびザイリンクスで認識されていますが、修正される予定はありません。

次の 2 つの回避策があります。

 

  1. ncinitialize オプションを使用しない。
  2. ncinitialize を使用する必要がある場合は、ncinitialize を 0 に設定し、[Advanced Options] タブで UNISIM モデルの代わりに選択した BFM モデルを使用して DDR3/DDR4 IP を生成する。
 

 

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
69035 UltraScale/UltraScale+ DDR4 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
69036 UltraScale/UltraScale+ DDR3 - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 69071
日付 03/29/2020
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス 詳細 概略
ツール
IP