AR# 69132

2017.1 ~ 2018.3 Zynq UltraScale+ MPSoC: 複数の PHY を管理する 1 つの MAC に対する Linux MACB MDIO サポート

説明

1 つの MAC で複数の PHY を管理する場合に MDIO サポートをイネーブルにする方法を教えてください。

ソリューション

このアンサーに添付されている使用しているバージョンのパッチをダウンロードし、適用します。

パッチは <plnx-proj-root>/project-spec/meta-user/recipes-kernel/linux/linux-xlnx_%.bbappend に適用する必要があります。

  • 2017.3 のパッチは 2017.4 リリースに使用できます。
  • 2018.2 のパッチは 2018.1 リリースに使用できます。
  • 2018.3 のパッチが追加されています。
サンプル デバイス ツリー:
 

    mdio {
        compatible = "cdns,macb-mdio";
        reg = <0x0 0xff0b0000 0x0 0x1000>;
        clocks = <&clk125>, <&clk125>, <&clk125>;
        clock-names = "pclk", "hclk", "tx_clk";
        ethernet_phya: ethernet-phy@a {
            reg = <0xA>;
        };
        ethernet_phyb: ethernet-phy@b {
            reg = <0xB>;
        };
        ethernet_phyc: ethernet-phy@c {
            reg = <0xC>;
        };
        ethernet_phyd: ethernet-phy@d {
            reg = <0xD>;
        };
    };

    Eth0: ethernet@ff0b0000 {
    ....
    phy-handle = <& ethernet_phya>;
    }

    Eth1: ethernet@ff0c0000 {
    ....
    phy-handle = <& ethernet_phyb>;
    }

    Eth2: ethernet@ff0d0000 {
    ....
    phy-handle = <& ethernet_phyc>;
    }

    Eth3: ethernet@ff0e0000 {
    ....
    phy-handle = <& ethernet_phyd>;
    }

サンプル MACB デバイス ツリーの抜粋は、次の GitHub ページにあります。

https://github.com/Xilinx/linux-xlnx/blob/master/Documentation/devicetree/bindings/net/macb.txt

注記: レシピにパッチを適用するには、『PetaLinux ツール資料リファレンス ガイド』 (UG1144) または http://www.wiki.xilinx.com/PetaLinux+Yocto+Tips を参照してください。

添付ファイル

関連添付ファイル

アンサー レコード リファレンス

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
72064 Zynq UltraScale+ MPSoC GEM: 2018.3 Linux で、IP アドレスが同じサブネットにあると、ping エラーが発生する N/A N/A
AR# 69132
日付 03/13/2020
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
ツール 詳細 概略
Boards & Kits