AR# 69206

|

2017.1 - IBERT - IN-System IBERT コアを使用すると RXOUTCLK 周波数が 2 倍になる

説明

トランシーバー ウィザード IP のデザインに In-System IBERT コアを含めると、RXOUTCLK 周波数が 2 倍になります。

このビヘイビアーにより、サンプル デザインの実装時にパルス幅の違反が生じます。

ソリューション

この問題を回避するには、デザインの最上位または対象となる制約ファイルで、In-System IBERT の rxrate_o 出力ポートについて値が 0 に設定された set_case_analysis XDC 制約を使用します。

次に例を示します。

set_case_analysis 0 [get_pins gtwizard_ultrascale_0_in_system_ibert_0_inst/rxrate_o*].

この問題は、ISE 2017.4 以降のバージョンで修正されています。

AR# 69206
日付 04/25/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
People Also Viewed