AR# 69274

|

LogiCORE IP MIPI D-PHY v3.1, v3.1 (Rev. 1) および v4.0 (Rev. 1) - MIPI D-PHY RX で ulpsactivenot が 1 クロック間しかアサートされない

説明

MIPI D-PHY RX で ulpsactivenot が 1 クロック間しかアサートされないのはなぜですか。

MIPI 仕様によると、ソースが Mark-1 を開始するまで ulpsactivenot はアサートされたままになっている必要があります。

ソリューション

この問題は、Vivado 2017.2 および 2017.4 で生成された LogiCORE MIPI D-PHY で発生します。

この問題は Vivado 2017.3 では修正されていて、また、Vivado 2018.1 およびそれ以降のバージョンでも修正されています。

  • Vivado 2017.3 - この問題は、Vivado 2017.3 以降の MIPI D-PHY で修正されています。
  • Vivado 2017.4 - (Xilinx Answer 70530) から MIPI D-PHY パッチをダウンロードするとこの問題を回避できます。
  • Vivado 2018.1 - この問題は、Vivado 2018.1 以降の MIPI D-PHY で修正されています。

この IP の最新バージョンにアップデートすることを推奨します。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

AR# 69274
日付 04/24/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス 詳細 概略
IP
People Also Viewed