UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 69326

2017.2 Vivado IP リリース ノート - すべての IP 変更ログ情報

説明

このアンサーは、Vivado 2017.2 での IP 変更をすべて 1 つにまとめたもので、Vivado Design Suite をインストールする前にすべての IP 変更をここで確認できます。

ソリューション

(c) Copyright 2017 Xilinx, Inc. All rights reserved.

This file contains confidential and proprietary information of Xilinx, Inc. and is protected under U.S. and international copyright and other intellectual property laws.

DISCLAIMER
This disclaimer is not a license and does not grant any rights to the materials distributed herewith.

Except as otherwise provided in a valid license issued to you by Xilinx, and to the maximum extent permitted by applicable law: (1) THESE MATERIALS ARE MADE AVAILABLE "AS IS" AND WITH ALL FAULTS, AND XILINX HEREBY DISCLAIMS ALL WARRANTIES AND CONDITIONS, EXPRESS, IMPLIED, OR STATUTORY, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, NON-INFRINGEMENT, OR FITNESS FOR ANY PARTICULAR PURPOSE; and(2) Xilinx shall not be liable (whether in contract or tort, including negligence, or under any other theory of liability) for any loss or damage of any kind or nature related to, arising under or in connection with these materials, including for any direct, or any indirect, special, incidental, or consequential loss or damage (including loss of data, profits, goodwill, or any type of loss or damage suffered as a result of any action brought by a third party) even if such damage or loss was reasonably foreseeable or Xilinx had been advised of thepossibility of the same.

CRITICAL APPLICATIONS
Xilinx products are not designed or intended to be fail-safe, or for use in any application requiring fail-safe performance, such as life-support or safety devices or systems, Class III medical devices, nuclear facilities, applications related to the deployment of airbags, or any other applications that could lead to death, personal injury, or severe property or environmental damage (individually and collectively, "Critical Applications").Customer assumes the sole risk and liability of any use of Xilinx products in Critical Applications, subject only to applicable laws and regulations governing limitations on product liability.

THIS COPYRIGHT NOTICE AND DISCLAIMER MUST BE RETAINED ASPART OF THIS FILE AT ALL TIMES.

10G Ethernet MAC (15.1)

* バージョン 15.1Rev. 3)

* 一般: Spartan-7 パーツ (7s50csga324 および 7s50fgga484) のプロダクション シリコンをサポートするためにアップデート

10G Ethernet PCS/PMA (10GBASE-R/KR) (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 9)

* 問題修正: BUTH を介して駆動 rxrecclk_out を削除

* 問題修正: ケーブル プル ロジックの修正

* その他: Kintex-7 デバイスに対し FB パッケージをイネーブル

* その他: ヘルパー コア gtwizard_UltraScale のバージョンを v1_6 から v1_7 へ変更

10G Ethernet Subsystem (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 5)

* 問題の修正: timer_sync_rx モジュールに供給されている rxrecclk_out に BUFH を追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G/25G Ethernet Subsystem (2.2)

* バージョン 2.2

* 機能改善: Kintex UltraScale+ および Zynq UltraScale+ のスピード グレード -1 および -1L に 25G のサポートを追加

* 機能改善: CR 用にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

1G/2.5G Ethernet PCS/PMA or SGMII (16.1)

* Version 16.1

* トランシーバーを使用するモードの UltraScale および UltraScale+ デバイスに gtpowergood 出力ポートを追加

* UltraScale+ プロダクション サポートを追加

32-bit Initiator/Target for PCI (7-Series) (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 8)

* 変更なし

3GPP LTE Channel Estimator (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 13)

* 変更なし

3GPP LTE MIMO Decoder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 12)

* 変更なし

3GPP LTE MIMO Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 11)

* 変更なし

3GPP Mixed Mode Turbo Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 13)

* 変更なし

3GPP Turbo Encoder (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 11)

* 変更なし

3GPPLTE Turbo Encoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 12)

* 変更なし

40G/50G Ethernet Subsystem (2.2)

* バージョン 2.2

* 機能改善: CR

* 機能改善: GTWIZ バージョンを 1.6 から 1.7 へアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

64-bit Initiator/Target for PCI (7-Series) (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 8)

* 変更なし

7 Series FPGAs Transceivers Wizard (3.6)

* バージョン 3.6 (Rev. 7)

* 問題修正: txpmareset ポートをオプションのポートとして追加

7 Series Integrated Block for PCI Express (3.3)

* バージョン 3.3 (Rev. 4)

* 変更なし

AHB-Lite to AXI Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI 1G/2.5G Ethernet Subsystem (7.1)

* バージョン 7.1

* 一般: このコアのサブコアの変更に関しては、tri_mode_ethernet_mac v9.0 および gig_ethernet_pcs_pma v16_1 のコア変更ログを参照。

* 一般: トランシーバーを使用したモードの UltraScale および UltraScale+ デバイスに出力ポート gt_powergood を追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI AHBLite Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI AMM Bridge (1.0)

* バージョン 1.0Rev. 3)

* 一般: GUI と一致させるため、RTL で BASE および HIGH アドレスをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI APB Bridge (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI BRAM Controller (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 11)

* 変更なし

AXI Bridge for PCI Express Gen3 Subsystem (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 3)

* 問題修正: PCI Express 拡張コンフィギュレーション空間イネーブル パラメーターがコンフィギュレーション拡張インターフェイスをイネーブルにする

* 問題修正: ATS/PRI がイネーブルのときのオプションのポート rq_tuser および cq_tuser の幅を修正

* 問題修正: Bridge Info UpConfig 対応ビットが古い

* 問題修正: Gen2 リンクスピードが選択されているとき PLL タイプの選択をイネーブル

* 問題修正: Vrtex7-XT および UltraScale デバイスに対し、スレーブ AXI Bridge タイムアウト カウンターをディスエーブルにし、PCIe ハード ブロック タイムアウト カウンターを使用

* 機能改善: I/O 専用デバイスをサポートするため変更やパッキングなしに 1 ビートのナロー バースト転送を可能にする。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI CAN (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Central Direct Memory Access (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Chip2Chip Bridge (4.3)

* バージョン 4.3(Rev. 1)

* 問題修正: SelectIO モードでのタイミング改善のためリセット シーケンスをアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Clock Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Crossbar (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data FIFO (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data Width Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI DataMover (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 15)

* 一般: 内部デバッグ用にソース HDL ファイルをアップデート機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Direct Memory Access (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EMC (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 13)

* 一般: EMC_INTF インターフェイスの IP インテグレーター オートメーションを修正するためアップデート。機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EPC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Ethernet Buffer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 15)

* 変更なし

AXI Ethernet Clocking (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 2)

* 変更なし

AXI EthernetLite (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI GPIO (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI HWICAP (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 17)

* 一般: XDC ファイルでコメントをアップデート。機能上の変更はなし

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI IIC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interconnect (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interrupt Controller (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 10)

* 機能改善: 割り込みバスインターフェイスの配線が間違っている場合、警告メッセージを表示

AXI Lite IPIF (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 4)

* 変更なし

AXI MMU (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 11)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Master Burst (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 7)

* 変更なし

AXI Memory Mapped To PCI Express (2.8)

* バージョン 2.8 (Rev. 5)

* 問題修正: ルート ポート割り込み FIFO 深さを選択する GUI を追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Memory Mapped to Stream Mapper (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Performance Monitor (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Checker (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 14)

* 一般: 合成で若干のタイミング最適化

* 一般: シミュレーションで PC インターフェイスでの X 伝搬チェック

* 一般: MAX_RD_BURSTS および MAX_WR_BURSTS の IP インテグレーター オートメーションを改善

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Converter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Quad SPI (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 12)

* 一般: 間違っている IOB プロパティを処理するため RTL をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Register Slice (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI SmartConnect (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* バグを多数修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI TFT Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timebase Watchdog Timer (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Traffic Generator (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 14)

* 一般: 間違った IP コンフィギュレーションを防ぐため GUI をアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI UART16550 (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI USB2 Device (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI UART Lite (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 17)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Verification IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* サブコア IP clk_wiz バージョンを 5.4 に変更

* 新機能 -halt_master を追加

* コードをクリーンアップ

* IP インテグレーター伝搬のため bd.tcl を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Video Direct Memory Access (6.3)

* バージョン 6.3(Rev. 1)

* 一般: XDC アップデート。機能上の変更はありません。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Virtual FIFO Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI-Stream FIFO (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 10)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Accelerator Adapter (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 11)

* 変更なし

AXI4-Stream Broadcaster (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Clock Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Combiner (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data FIFO (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data Width Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 12)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Interconnect (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 14)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Protocol Checker (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Register Slice (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Subset Converter (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Switch (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 13)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Verification IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream to Video Out (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 6)

* 変更なし

Accumulator (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 10)

* 変更なし

Adder/Subtracter (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 10)

* 変更なし

Aurora 64B66B (11.2)

* Version 11.2(Rev. 1)

* 問題修正: 16.375 gbps を超えるライン レートのマルチクワッド GTY ベース デザインに対し、基準クロックのロケーションを XDC に就いk

* その他: UltraScale GT Wizard バージョン アップグレード

Aurora 8B10B (11.1)

* バージョン 11.1 (Rev. 1)

* 問題修正: 未使用の gtrxresetseq DRP 信号を TX シンプレックス ベースのデザインから削除

* その他: UltraScale GT Wizard バージョン アップグレード

Binary Counter (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 10)

* 変更なし

Block Memory Generator (8.3)

* バージョン 8.3 (Rev. 6)

* 変更なし

CANFD (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

CIC Compiler (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 11)

* 変更なし

CORDIC (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 11)

* 変更なし

CPRI (8.7)

* バージョン 8.7 (Rev. 3)

* 問題修正: リモート アラームが正しく設定されていなかった問題を修正。

* 問題修正: CPRI 仕様に従い FEC ライン レートが 64b/66b スクランブルを使用していなかった問題を修正。

* 問題修正: 12.1G ラインレートサポートおよび 307.2/245.76 MHz の基準クロックを使用し、UltraScale GTHE3 コアの間違ったラインレートおよびクロック周波数を修正。

* その他: UltraScale GT Wizard v1.7 を使用するようにアップデート。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Chroma Resampler (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 11)

* 変更なし

Clocking Wizard (5.4)

* Version 5.4(Rev. 1)

* その他: 内部 GUI 変更。カスタマー デザインへの影響はありません。

Color Correction Matrix (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Color Filter Array Interpolation (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 11)

* 変更なし

Complex Multiplier (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Concat (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 1)

* 変更なし

Constant (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 3)

* 変更なし

Convolution Encoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 11)

* 変更なし

DDR3 SDRAM (MIG) (1.4)

* バージョン 1.4(Rev. 1)

* 問題修正: example_tb_phy のアップデート

* 機能改善: リセットで OBUF をディスエーブルにするパーシャル リコンフィギュレーション フロー サポートの GUI オプションを追加

* 機能改善: PHY 専用およびピンポン PHY 用に example_top ファイルに wr_rd_complete ポートを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDR4 SDRAM (MIG) (2.2)

* バージョン 2.2(Rev. 1)

* 問題修正: スピードグレード 075E のメモリ デバイスに対し、tMRD の値を 8 にアップデート。

* 問題修正: キャリブレーション SW コードの修正。

* 機能改善: 3DS パーツに対しセルフリフレッシュ/保存 - 復元のサポートを追加

* 機能改善: パッケージ情報を追加するため 3DS パーツ名をアップデートし、パッケージに対し 3DS パーツ アップグレード フローを変更。

* 機能改善: reset_n で OBUF をディスエーブルにするパーシャル リコンフィギュレーション フロー サポートの GUI オプションを追加。

* 機能改善: メモリ パーツの詳細情報を提供するため GUI アップデート

* 機能改善: PHY 専用およびピンポン PHY 用に example_top ファイルに wr_rd_complete ポートを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDS Compiler (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 13)

* 変更なし

DMA/Bridge Subsystem for PCI Express (PCIe) (3.1)

* バージョン 3.1(Rev. 1)

* 問題修正: PCI Express 拡張コンフィギュレーション空間イネーブル パラメーターがコンフィギュレーション拡張インターフェイスをイネーブルにする

* 問題修正: AXI Lite マスター インターフェイスの PCIe BAR およびアドレス変換値を 32 ビットのみに制限

* 問題修正: DMA Bridge モードの PCIe BAR およびアドレス変換値を選択されている AXI アドレス幅のみ (最大) に制限

* 問題修正: Virtex-7 XT、UltraScale および UltraScale+ デバイスに対し、スレーブ AXI Bridge タイムアウト カウンターをディスエーブルにし、PCIe ハード ブロック タイムアウト カウンターを使用

* 問題修正: 7 シリーズ Gen2 DMA のメッセージ TLP を処理

* 機能改善: xczu27dr デバイスのサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DSP48 Macro (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 14)

* 変更なし

DUC/DDC Compiler (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 11)

* 変更なし

Debug Bridge (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* XA Zynq UltraScale+ MPSoC デバイスの新しいデバイス サポートを追加

Discrete Fourier Transform (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 13)

* 変更なし

DisplayPort (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 5)

* 一般: デバイスを Discontinued に変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort RX Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort TX Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* 機能改善: 保留バッファーを分散 RAM にアップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Distributed Memory Generator (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 11)

* 変更なし

Divider Generator (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 11)

* 変更なし

Double Data Rate Sampling (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

ECC (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Ethernet PHY MII to Reduced MII (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 15)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FIFO Generator (13.1)

* バージョン 13.1 (Rev. 4)

* 変更なし

FIR Compiler (7.2)

* バージョン 7.2 (Rev. 8)

* 変更なし

Fast Fourier Transform (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Fiber Channel 32GFC RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 一般: サンプル デザインを最新版の GT Wizard IP へ移行

* 一般: 改善された VHDL シミュレーション サポートのたサンプル デザインを変更

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Fixed Interval Timer (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 8)

* 変更なし

FlexO 100G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Floating-point (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 4)

* 変更なし

G.709 FEC Encoder/Decoder (2.3)

* バージョン 2.3

* 変更なし

G.975.1 EFEC I.4 Encoder/Decoder (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 13)

* 変更なし

G.975.1 EFEC I.7 Encoder/Decoder (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 14)

* 変更なし

Gamma Correction (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Gmii to Rgmii (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 4)

* 変更なし

HDCP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

HDCP 2.2 Cipher (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし

HDCP 2.2 Montgomery Modular Multiplier (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 一般: LUT および FF のリソース低減のため最適化

HDCP 2.2 Random Number Generator (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 変更なし

HDCP 2.2 Receiver (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

HDCP 2.2 Transmitter (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

HDMI 1.4/2.0 Receiver (2.0)

* バージョン 1.1

* 変更なし

HDMI 1.4/2.0 Receiver Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* 問題修正: Zynq デバイスのサンプル デザインでのタイミング違反を修正

* 問題修正: DVI ソースに接続するとき OESS 暗号化ディスエーブルを検出するための修正

HDMI 1.4/2.0 Transmitter (2.0)

* バージョン 1.1

* 変更なし

HDMI 1.4/2.0 Transmitter Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* 問題修正: Zynq デバイスのサンプル デザインでのタイミング違反を修正

High Speed SelectIO Wizard (3.2)

* バージョン 3.2(Rev. 1)

* 問題修正: XDC 制約の -name オプションを削除

IBERT 7 Series GTH (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 16)

* 変更なし

IBERT 7 Series GTP (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 15)

* 変更なし

IBERT 7 Series GTX (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 16)

* 変更なし

IBERT 7 Series GTZ (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 12)

* 変更なし

IBERT UltraScale GTH (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 7)

* 最新版のサブコア gtwizard_UltraScale_v1_7 を使用するようにアップデート

IBERT UltraScale GTY (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 7)

* 最新版のサブコア gtwizard_UltraScale_v1_7 を使用するようにアップデート

IEEE 802.3 25G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 一般: サンプル デザインを最新版の GT Wizard IP へ移行

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 50G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 一般: サンプル デザインを最新版の GT Wizard IP へ移行

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3bj 100G RS-FEC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 9)

* 一般: サンプル デザインを最新版の GT Wizard IP へ移行

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ILA (Integrated Logic Analyzer) (6.2)

* バージョン 6.2Rev. 3)

* 新しい XA Zynq UltraScale+ MPSoC デバイス サポートを追加

IOModule (3.1)

* バージョン 3.1(Rev. 1)

* 一般: 投票信号の未使用 UART ビットを 0 に設定

Image Enhancement (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 12)

* 変更なし

In System IBERT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 最新版のサブコア gtwizard_UltraScale_v1_7 を使用するようにアップデート

Interlaken 150G (2.2)

* バージョン 2.2

* 機能改善: サンプル デザインの GT で GTWIZ LOCATE USERE DATA WIDTH を変更

* 機能改善: CR

* 機能改善: GTWIZ バージョンを 1.6 から 1.7 へアップデート

Interleaver/De-interleaver (8.0)

* バージョン 8.0 (Rev. 10)

* 変更なし

JESD204 (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 3)

* 一般: UltraScale GT wizard 1.7 で JESD204_PHY v3.4 を使用するためアップデート

* 一般: JESD204_PHY からの gt_powergood 信号を使用するためサンプル デザインを変更

JESD204 PHY (3.4)

* Version 3.4

* 機能改善: GT ウィザードを v1.7 にアップデート

* 機能改善: UltraScale および UltraScale デバイスにポート gt_powergood を追加

* 機能改善: ダイナミックにライン レートを変更するとき、GTHE4 および GTYE4 の CPLL クロック周期キャリブレーション値のプログラミングを可能にするレジスタを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204C (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 一般: UltraScale GT wizard 1.7 で JESD204_PHY v3.4 を使用するためアップデート

* 一般: JESD204_PHY からの gt_powergood 信号を使用するためサンプル デザインを変更

JTAG to AXI Master (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 3)

* FIFO Generator 制約を追加

LMB BRAM Controller (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 12)

* 機能改善: 拡張 LMB アドレスで ECC サポート

LPDDR3 SDRAM (MIG) (1.0)

* バージョン 1.0(Rev. 1)

* 機能改善: HR バンクで LPDDR3 IP をサポートする SW/IP アップデート。

* 機能改善: ATG をイネーブルにしながら VIO および ILA を追加。

* 機能改善: カスタムパーツの CSV ファイルには、ランク、CS 幅、メモリ コンポーネント幅の列が不要。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LTE DL Channel Encoder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 12)

* 変更なし

LTE Fast Fourier Transform (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 13)

* 変更なし

LTE PUCCH Receiver (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 11)

* 変更なし

LTE RACH Detector (3.0)

* バージョン 3.0

* 変更なし

LTE UL Channel Decoder (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Local Memory Bus (LMB) 1.0 (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 9)

* 変更なし

MIPI CSI-2 RX Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 6)

* 変更なし

MIPI CSI-2 RX Subsystem (2.2)

* バージョン 2.2 (Rev. 1)

* 問題修正: IP カタログ GUI でライセンス ステータスを Included から Purchase に修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI CSI-2 TX Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

MIPI CSI-2 TX Subsystem (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 問題修正: IP カタログ GUI でライセンス ステータスを Included から Purchase に修正

* 機能改善: 非連続クロック モードのサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI D-PHY (3.1)

* バージョン 3.1(Rev. 1)

* ポート変更: D-PHY TX IP コンフィギュレーションの cl_txclkactivehs 出力ポートを追加

* ポート変更: D-PHY IP 初期化完了を示すため init_done 出力ポートを追加

* 問題修正: CONTROL レジスタの DPHY_EN ビットがディアサートされたときにレーン初期化ステータスがリセットされなかった問題を修正

* 問題修正: UltraScale+ デバイスの IP コンフィギュレーションのサンプル デザインに IOSTD 制約を追加

* 問題修正: cl_txrequesths アサート後の HS クロック出力タイミングを示すため cl_txclkactivehs 出力ポートを追加

* 問題修正: D-PHY IP 初期化完了を示すため init_done 出力ポートを追加

* 問題修正: 7 シリーズ D-PHY TX IP コンフィギュレーションで低電力期間中に OBUFTDS の T ピンのトグルの問題を修正

* 問題修正: 3 レーンの D-PHY RX IP コンフィギュレーションに対し、hs_rx_timeout が間違ってトリガーしていた問題を修正

* 問題修正: 7 シリーズの D-PHY TX IP コンフィギュレーションの system_rst_out 出力ポートの問題を修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI DSI TX Controller (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし

MIPI DSI TX Subsystem (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 3)

* 問題修正: IP カタログ GUI でライセンス ステータスを Included から Purchase に修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Mailbox (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 7)

* 変更なし

Memory Helper Core (1.4)

* Version 1.4

* 変更なし

Memory Interface Generator (MIG 7 Series) (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 4)

*一般: Vivado 2017.2 ソフトウェアをサポート。

MicroBlaze (10.0)

* バージョン 10.0 (Rev. 3)

* 一般: 重複を回避するためキャッシュ警告メッセージを改善

* 一般: デバッグ外部トレース用に非同期リセットを選択するパラメーターを提供

MicroBlaze Debug Module (MDM) (3.2)

* バージョン 3.2 (Rev. 10)

* 一般: AXI Stream 外部トレース用に非同期リセットを選択するパラメータを提供

MicroBlaze MCS (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Multiplier (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Multiply Adder (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 10)

* 変更なし

Mutex (2.1)

* バージョン 2.1 (Rev. 8)

* 変更なし

PCIe PHY IP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 機能改善: GTWizard Sub IP のバージョンを v1_6 から v1_7 へアップデート

* 機能改善: UltraScale+ デバイスに新しい出力ポート gt_gtpowergood を追加

Partial Reconfiguration Controller (1.1)

* バージョン 1.1 (Rev. 3)

* 一般: 見た目の変更はなし。

Partial Reconfiguration Decoupler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし

Peak Cancellation Crest Factor Reduction (6.1)

* バージョン 6.1 (Rev. 1)

* 変更なし

Processor System Reset (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 11)

* 変更なし

QDRII+ SRAM (MIG) (1.4)

* Version 1.4(Rev. 1)

* 問題修正: 2017.2 の問題修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QDRIV SRAM (MIG) (2.0)

* バージョン 2.0(Rev. 1)

* 問題修正: 2017.2 の問題修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QDRIV SRAM PHY IP (2.0)

* バージョン 1.2

* 変更なし

QSGMII (3.4)

* Version 3.4

* ポート変更: 新しい出力ポート gtpowergood_out を追加

* その他: ヘルパー コアのバージョンを v16_0 to v16_1 から gig_ethernet_pcs_pma に変更。

* その他: ヘルパー コア gtwizard_UltraScale のバージョンを v1_6 から v1_7 へ変更

RAM-based Shift Register (12.0)

* バージョン 12.0 (Rev. 10)

* 変更なし

RGB to YCrCb Color-Space Converter (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 10)

* 変更なし

RLDRAM3 (MIG) (1.4)

* Version 1.4(Rev. 1)

* 問題修正: 2017.2 の問題修正

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RXAUI (4.4)

* Version 4.4

* ポート変更: 新しい出力ポート gtpowergood_out を追加

* その他: ヘルパー コア gtwizard_UltraScale のバージョンを v1_6 から v1_7 へ変更

* その他: ヘルパー コア XAUI のバージョンを v12_2 から v12_3 へ変更

Reed-Solomon Decoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 12)

* 変更なし

Reed-Solomon Encoder (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 11)

* 変更なし

S/PDIF (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 16)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC EXIT (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし

SC MMU (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし

SC SI_CONVERTER (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし

SC SPLITTER (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

SC TRANSACTION_REGULATOR (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 一般: マイナーなタイミング最適化

SMPTE SD/HD/3G-SDI (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 8)

* 変更なし

SMPTE UHD-SDI (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし

SPI-4.2 (13.0)

* バージョン 13.0 (Rev. 10)

* 変更なし

SelectIO Interface Wizard (5.1)

* バージョン 5.1 (Rev. 9)

* 変更なし

Serial RapidIO Gen2 (4.1)

* バージョン 4.1

* 一般: UltraScale GT ウィザードのバージョン アップデート

SmartConnect AXI2SC Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 問題修正: シミュレータの互換性の問題を修正

SmartConnect Node (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 問題修正: シミュレータの互換性の問題を修正

SmartConnect SC2AXI Bridge (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 問題修正: シミュレータの互換性の問題を修正

SmartConnect Switchboard (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 4)

* 変更なし

Soft Error Mitigation (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 9)

* xc7z007s、xc7z012s、および xc7z014s の SEM サポート ラベルをプロダクションにアップデート。IP はこれらのデバイスに対し 2017.1 よりプロダクションです。

System Cache (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 2)

* 変更なし

System ILA (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* XA Zynq UltraScale+ MPSoC サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

System Management Wizard (1.3)

* バージョン 1.3 (Rev. 5)

* 一般: 内部 GUI アップデート。カスタマー デザインへの影響はありません。

* 一般: ADC および DAC タイル電圧監視のサポートを追加。

TMR Comparator (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

TMR Inject (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

TMR Manager (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

TMR Soft Error Mitigation Interface (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

TMR Voter (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

Timer Sync 1588 (1.2)

* バージョン 1.2 (Rev. 4)

* 変更なし

Tri Mode Ethernet MAC (9.0)

* バージョン 9.0 (Rev. 8)

* 一般: Spartan-7 パーツ (7s50csga324 および 7s50fgga484) のプロダクション シリコンをサポートするためにアップデート

* 一般: UltraScale Plus ファミリ デバイスのプロダクション シリコンをサポートするためアップデート

* 一般: Virtex UltraScale Plus HBM デバイスのプリプロダクション サポート

UltraScale 100G Ethernet Subsystem (2.2)

* バージョン 2.2

* ポート変更: gt_powergood 信号アクセスをユーザーに追加

* ポート変更: ANLT がイネーブルのとき ctl_an_fec_25g_rs_request 信号を追加

* 機能改善: ランタイム切り替え可能モードの RSFEC サポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.3)

* バージョン 4.3(Rev. 1)

* 問題修正: PCI Express 拡張コンフィギュレーション空間イネーブル パラメーターがコンフィギュレーション拡張インターフェイスをイネーブルにする

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGAs Transceivers Wizard (1.7)

* バージョン 1.7

* 機能改善: gtpowergood_out をデフォルトの出力ポートとしてイネーブル

* 機能改善: UltraScale+ デバイスの TX および RX 使用ケースの CPLL キャリブレーション ブロックをアップデート

* 機能改善: UltraScale+ FPGA データーシートに一致するように -2LV スピード グレード デバイスのライン レートおよび関連周波数制限を調整

* その他: UltraScale+ アップデートのマイナー リビジョン アップデート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale Soft Error Mitigation (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 4)

* XCVU11P および XCVU13P でSEM 初期化が完了しない問題を修正。(Xilinx Answer 68939)

UltraScale+ SSI デバイスで status_diagnostic_scan および status_detect_only が予期しない致命的エラー コンディションでアサートする問題を修正。(Xilinx Answer 68940)

* XCVU13P で SLR 3 のフレームをターゲットにしているときにクエリー コマンドで正しいフレーム データが返されない問題を修正。(Xilinx Answer 68977)

UltraScale+ 100G Ethernet Subsystem (2.3)

* バージョン 2.3

* ポート変更: gt_powergood、tx_preamblein および rx_preambleout 信号のアクセスをユーザーに追加

* ポート変更: ANLT がイネーブルのとき ctl_an_fec_25g_rs_request 信号を追加

* 機能改善: TX OTN コンフィギュレーションの AXI4-Lite インターフェイス サポートをイネーブル

* その他: 25G ライン レートの Kintex/Zynq UltraScale+ -1/-1L デバイスのサポート

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale+ PCI Express Integrated Block (1.2)

* バージョン 1.2(Rev. 1)

* 問題修正: 非同期 CDC 信号に関連したタイミング問題を修正。

* 問題修正: パラメーター AXISTEN_IF_ENABLE_MSG_ROUTE のデフォルト値を 0x2FFFF に変更。

* 機能改善: xczu27dr-ffvg1517、ffve1156 デバイスのサポートを追加。

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Utility Reduced Logic (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 3)

* 変更なし

Utility Vector Logic (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 1)

* 変更なし

VIO (Virtual Input/Output) (3.0)

* バージョン 3.0 (Rev. 16)

* XA Zynq UltraScale+ MPSoC サポートを追加

Video Color Space Conversion and Correction (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Deinterlacer (5.0)

* バージョン 5.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Frame Buffer Read (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Frame Buffer Write (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Horizontal Chroma Resampler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Horizontal Scaler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video In to AXI4-Stream (4.0)

* バージョン 4.0 (Rev. 6)

* 変更なし

Video Letterbox Engine (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Mixer (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video On Screen Display (6.0)

* バージョン 6.0 (Rev. 13)

* 変更なし

Video PHY Controller (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 6)

* 問題修正: GT ポートで rxpolarity_in、txinhibit_in、txpolarity_in および txpostcursor_in の制御レジスタをインプリメント

* 問題修正: GT ポートで rxcdrlock_out のステータス レジスタをインプリメント

* 問題修正: GTHE4 で CPLL キャリブレーション ブロックをイネーブルし、対応する制御接続を追加

* 問題修正: XDC で get_pin コマンドを get_pins に変更

* 問題修正: RXOUTCLK 宣言をクロックの XDC からコアの XDC へ移動

Video Processing Subsystem (2.0)

* バージョン 2.0 (Rev. 5)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Test Pattern Generator (7.0)

* バージョン 7.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Timing Controller (6.1)

* バージョン 6.1 (Rev. 10)

* 変更なし

Video Vertical Chroma Resampler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Vertical Scaler (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 7)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Virtex-7 FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.2)

* バージョン 4.2 (Rev. 5)

* 問題修正: PCI Express 拡張コンフィギュレーション空間イネーブル パラメーターがコンフィギュレーション拡張インターフェイスをイネーブルにする

Viterbi Decoder (9.1)

* バージョン 9.1 (Rev. 7)

* 変更なし

XADC Wizard (3.3)

* バージョン 3.3 (Rev. 3)

* 変更なし

XAUI (12.3)

* Version 12.3

* ポート変更: 新しい出力ポート gtpowergood_out を追加

* その他: ヘルパー コア gtwizard_UltraScale のバージョンを v1_6 から v1_7 へ変更

XHMC (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 3)

* 問題修正: あらかじめ定義されている IRETRY パケットで ClearErrorAbort ビットを無視する RTL バグを修正

* その他: リビジョンをアップした GTWizard v1_7 のサポートを追加

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

YCrCb to RGB Color-Space Converter (7.1)

* バージョン 7.1 (Rev. 10)

* 変更なし

ZYNQ UltraScale+ VCU (1.0)

* バージョン 1.0

* 変更なし

ZYNQ7 Processing System (5.5)

* バージョン 5.5 (Rev. 5)

* 変更なし

ZYNQ7 Processing System VIP (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 1)

* 1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Zynq UltraScale+ MPSoC (3.0)

* バージョン 3.0(Rev. 1)

* 1) ES1 および ES2 Si の LPD インターコネクトの最大周波数が 260 MHz に低減。対象となるデザインにはクリティカル警告メッセージが表示されるようになります。

* 2) GEM_PERIPHERAL_IO が MIO または GT レーンにある場合、TSU_SIGNALS をイネーブルにできる。これらをイネーブルにするには、GUI の PS-PL コンフィギュレーション (一般/その他/GEM) を使用してください。

* 3) XA Zynq UltraScale+ MPSoC サポートを追加。

axi_sg (4.1)

* バージョン 4.1 (Rev. 6)

* 変更なし

interrupt_controller (3.1)

* バージョン 3.1 (Rev. 4)

* 変更なし

lib_bmg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 変更なし

lib_cdc (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

lib_fifo (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 8)

* 変更なし

lib_pkg (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

lib_srl_fifo (1.0)

* バージョン 1.0 (Rev. 2)

* 変更なし

AR# 69326
日付 06/29/2017
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
ツール
  • Vivado Design Suite - 2017.2
このページをブックマークに追加