UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 69370

RS Encoder v8.0、v9.0 – データがサンプリングされる前に制御値がサンプルされると、IP で s_axis_input_tready がアサート状態を保たない

説明

s_axis_input_tready 信号は High であるべきときに Low になることがあります。 

制御書き込みが発生し、その書き込みの前、または書き込みと同時に、s_axis_input_tvalid で新しいデータ コードワードが開始していないときに、この状態になります。

ソリューション

これは Reed Solomon コアの v8.0 および v9.0 での既知の問題です。この問題は、Vivado 2017.3 で修正される予定です。

対象となるコンフィギュレーション:

可変ブロック長 = true、チェック シンボルの可変数 = true (s_axis_ctrl インターフェイスがある場合の コンフィギュレーションの場合など)。

回避策:

特定の制御ワードに対応するデータの s_axis_input_tvalid を、その制御ワードの s_axis_ctrl_tvalid と同時またはその前にアサートします。

または、少なくとも 2 つの制御ワードが常に最初の制御ワードに対応するデータ入力の前に、コアに書き込まれるか格納させるようにします。

AR# 69370
日付 06/23/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
このページをブックマークに追加