AR# 69423

2017.1/2 Zynq UltraScale+ MPSoC: タイムアウト時のリセットが開始しても Linux ウォッチドッグ タイマー (WDT) がリセットされない

説明

タイムアウト時のリセットが開始しても、Linux ウォッチドッグ タイマー (WDT) がリセットされません。

タイムアウト時のリセットが開始すると、割り込みハンドラーによって PMUFW API が呼び出され、PS および PL の両方がリセットされます。

ソリューション

この問題を修正するには、次の手順に従います。

1) 添付のパッチを次の PMUFW レシピ <plnx-proj-root>/project-spec/meta-user/recipes-bsp/pmu/pmu-firmware_%.bbappend に適用します。

注記: レシピにパッチを適用するには、wiki の次の記事を参照してください。

http://www.wiki.xilinx.com/PetaLinux+Yocto+Tips (セクション: How to patch PMU Firmware in v2017.1 PetaLinux Project)

pmu-firmware_%.bbappend ファイルの内容:

do_configure_prepend() {
if [ -d "${S}/patches" ]; then
   rm -rf ${S}/patches
fi
if [ -d "${S}/.pc" ]; then
   rm -rf ${S}/.pc
fi
}

SRC_URI_append = " \
           file://0001-PMUFW-Enable-srst-action-on-fpd-wdt-error.patch \
           "

FILESEXTRAPATHS_prepend := "${THISDIR}/files:"

#Add debug for PMUFW(optional)
XSCTH_BUILD_DEBUG = "1"

YAML_COMPILER_FLAGS_append =  " -DENABLE_EM"

EXTERNALXSCTSRC = ""
EXTERNALXSCTSRC_BUILD = ""

2) デバイスツリー プロパティを次に追加します: <plnx-proj-root>/project-spec/meta-user/recipes-bsp/device-tree/files/system-user.dtsi/system-user.dtsi

&watchdog0 {
    reset-on-timeout;
};

3) ターゲットでプロシージャをテストします。

root@plnx_aarch64:~# echo s > /dev/watchdog0

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
0001-PMUFW-Enable-srst-action-on-fpd-wdt-error.patch 991 Bytes PATCH
AR# 69423
日付 11/07/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
Boards & Kits