AR# 69459

AXI Bridge for PCI Express Gen3 (Vivado 2017.1/Vivado 2017.2) - 「Critical Warning - [filemgmt 20-1741] File 'axi_pcie3_v1_1_bram_wrap.v' is used by one or more modules, but with different contents, and may lead to unpredictable result」というクリティカル警告メッセージが表示される

説明

問題の発生したバージョン: v3.0 (Rev2)/v3.0 (Rev3)

修正バージョンおよび既知の問題: (Xilinx Answer 61898)

コアの 2 つのインスタンス (1 つはルートポートとして、もう 1 つはエンドポイントとしてコンフィギュレーションされている) を使用して IP インテグレーター デザインを作成すると、デザイン インプリメンテーションで次の警告メッセージが表示されます。

Critical Warning - [filemgmt 20-1741] File 'axi_pcie3_v1_1_bram_wrap.v' is used by one or more modules, but with different contents, and may lead to unpredictable result

この問題は、どちらかのコアがルート ポートとしてコンフィギュレーションされている場合にのみ発生します。

両方のコアがエンドポイントとしてコンフィギュレーションされている場合、このクリティカル警告メッセージは表示されません。


このアンサーは、PCI Express ソリューション センターの一部です。

(Xilinx Answer 34536) PCI Express ソリューション センター

ソリューション

これは既知の問題であり、今後のコアのリリースで修正される予定です。 

Vivado 2017.1/Vivado 2017.2 でこの問題を解決するには、このアンサーに添付されているパッチの patch_readme ディレクトリの説明を参照してパッチをインストールしてください。

注記: 「問題の発生したバージョン」は、問題が最初に発見されたバージョンを示します。問題はそれ以前のバージョンでも発生していた可能性がありますが、以前のバージョンではそれを検証するテストは実行されていません。

改訂履歴

2017/07/18 - 初版

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
AR69459_Vivado_2017_1_preliminary_rev1.zip 2 MB ZIP
AR69459_Vivado_2017_2_preliminary_rev1.zip 2 MB ZIP
AR# 69459
日付 07/25/2017
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
IP