AR# 69530

LogiCORE MIPI D-PHY および MIPI CSI-2 RX Subsystem - MIPI D-PHY RX ライン レートの設定にはどれくらいのマージンがあるか

説明

D-PHY RX (または MIPI CSI-2 RX Subsystem) のライン レート設定にはどれくらいのマージンがありますか。

例:

  1. MIPI D-PHY RX のライン レートを 1300Mbps に設定した場合、MIPI D-PHY RX IP は MIPI D-PHY TX から異なるライン レート (1299Mbps または 1311Mbps など) を受信します。
  2. MIPI D-PHY RX のライン レートを 540Mbps に設定した場合、MIPI D-PHY RX IP は MIPI D-PHY TX から異なるライン レート (528Mbps または 560Mbps など) を受信します。

ソリューション

正確なマージン値を提供することはできません。ユーザーが IP を設定する際に、 MIPI D-PHY RX GUI で適切なライン レートを設定することを強く推奨します。

MIPI D-PHY RX IP に基づく限り、ライン レートの設定値ごとに結果は次のようになります。

  • 1500Mbps: IP は TX から 600 ~ 1500Mbps のデータ レートを受信できます。
  • 599Mbps: IP は TX から 300 ~ 599Mbps のデータ レートを受信できます。
  • 299Mbps: IP は TX から 150 ~ 299Mbps のデータ レートを受信できます。
  • 149Mbps: IP は TX から 80 ~ 149Mbps のデータ レートを受信できます。

これらの値は、あくまでも予測値であり、テスト/検証された値ではないことに注意してください。

IP GUI で MIPI D-PHY RX を生成する際に適切なライン レートを選択することを推奨します。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
69525 MIPI CSI-2 TX Subsystem - EOF はどのように生成されるのか N/A N/A
AR# 69530
日付 04/09/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
IP