UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 69787

LogiCORE IP Color Filter Array Interpolation (CFA) v7.0 - デバッグのチェック ボックスをオンにしてもデバッグ機能がイネーブルにならない

説明

デバッグのチェック ボックスをオンにしてもデバッグ機能がイネーブルになりません。

ソリューション

ソフトウェア ドライバーに機能を伝搬するパラメーターが間違ったタイプを渡しているのが問題です。

修正の予定はありません。 

LogiCORE Color Filter Array Interpolation (CFA) の代わりに、LogiCORE Sensor Demosaic IP を使用することを推奨します。

この問題を回避するには、2 つの方法があります。


  1. デバッグ機能をディスエーブルにし、LogiCORE Test Pattern Generator などの外部パターン ジェネレーターを追加します。
  2. xparameters.h ファイルでパラメーター伝搬を手動で修正します。

注記: BSP が再生成されるたびに xparameters.h は上書きされます。

このパラメーターを変更するには、次の行を変更します。

#define XPAR_V_CFA_0_HAS_DEBUG 0

該当する行を次のように変更します。

#define XPAR_V_CFA_0_has_debug 1

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54520 LogiCORE IP Color Filter Array Interpolation (CFA) - Vivado 2013.1 およびそれ以降のツール バージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 69787
日付 10/06/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
  • Color Filter Array Interpolation
このページをブックマークに追加