AR# 69870

HDMI Receiver Subsystem v2.0 および v3.0 - 4kp50 (VIC106) を受信したときの RX タイミングの Vfp、Hfp、Htotal、Vtotal、およびフレーム レートが間違っている

説明

4kp50 (VIC106) を受信したときの RX タイミングの Vfp、Hfp、Htotal、Vtotal およびフレーム レートが間違っています。

たとえば、4kp50 (VIC106) を受信を受信したときの RX タイミングの Vfp、Hfp、Htotal、Vtotal およびフレーム レートが間違っています。


 

ソリューション

これは、現在の HDMI RX Subsystem IP で最大のサポート サイズが 1024 のときにおきる既知の問題です。

これよりもサイズが大きいと、カウントが繰り越しになり、間違った値が返されます。

  • Vivado 2017.2 - この問題を回避するには、HDMI Receiver Subsystem プラットフォームを (Xilinx Answer 69498) からダウンロードできます。
  • Vivado 2017.3 - この問題を回避するには、HDMI Receiver Subsystem プラットフォームを(Xilinx Answer 69869) からダウンロードできます。
  • Vivado 2017.4 - この問題は、Vivado 2017.4 以降の HDMI Receiver Subsystem で修正されています。

最新版の IP にアップデートすることが推奨されます。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

サブアンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
69850 2017.2 HDMI Transmitter Subsystem v2.0 (Rev. 5) - HDMI Transmitter Subsystem v2.0 (Rev. 5) 用のパッチ アップデート N/A N/A

関連アンサー レコード

AR# 69870
日付 10/24/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
IP