AR# 69978

Zynq UltraScale+ MPSoC: ZCU102 および ZCU106 評価ボード PetaLinux BSP に対して UHS (SD 3.0) サポートを有効にする方法

説明

PetaLinux 2017.3 以降で Zynq UltraScale+ MPSoC 評価ボード (ZCU102 および ZCU106) に対する UHS (SD 3.0) サポートを有効にする方法を教えてください。

ソリューション

デフォルトにより、PetaLinux では、高速で動作する SD、つまり xilinx-zcu102-v2017.3-final.bsp および xilinx-zcu106-v2017.3-final.bsp の SD2.0 用に構築されます。

これは、2017.3 およびそれ以降の BSPにも適用されます。

UHS モードの SD (SD3.0) をサポートするように構築するには、PetaLinux プロジェクトで次の手順に従います。

FSBL コンポーネント:

<proj-plnx-root>/project-spec/meta-user/recipes-bsp/fsbl/fsbl_%.bbappend に、次のコンパイラ フラグを追加します。

YAML_COMPILER_FLAGS_append = " -DUHS_MODE_ENABLE"

Device-tree コンポーネント:

<proj-plnx-root>//project-spec/meta-user/recipes-bsp/device-tree/files/system-user.dtsi に、次の device-tree プロパティを追加します。

& sdhci1 {
    /delete-property/ no-1-8-v;
};
AR# 69978
日付 04/17/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
Boards & Kits