AR# 70130

|

DisplayPort RX Subsystem - GPU 設定と RX MSA レジスタとでビデオ解像度が異なる

説明

DisplayPort アプリケーションのサンプル デザインを使用していると (パススルーまたは RX のみ)、GPU の解像度を変更すると、RX MSA レジスタにはその変更が反映されていません。

ところが、モニター上では (パススルー アプリケーションの場合) ビデオ解像度が変わっています。

たとえば、ビデオ解像度ははじめ 4K に設定されています。これを 1080p に変更すると、ビデオ ストリームはズームインされますが、MSA レジスタには [Horz Resolution (0x500) : 3840] および [Horz Resolution (0x500) : 2160] (4K 解像度) とまだ表示されています。

なぜこのような動作になるのでしょうか。

ソリューション

一部の GPU は、解像度が変更になるたびに、リトレインを避けるためにビデオ ストリームをスケールします。このケースは、GPU によって送信されるストリームは実際 4K ストリームですが、1080p ビデオだと表示されます。RX MSA レジスタからの値が正しい値です。

ソースがこういう動作をしていることを確認するには、(少なくとも) 次の 2 つの方法があります。

  • ソースからの解像度を変更し、リンクがトレインすることを確認できない場合
  • ソースからの解像度を変更したが、その解像度がモニターに表示されている解像度 (通常は、モニター メニューに表示されている) と一致していない場合

一部のコンピューター上では、スケーリングを避けるためのオプションがあります。

AR# 70130
日付 12/07/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
People Also Viewed