AR# 70237

2017.1 - 2017.3 Zynq UltraScale+ MPSoC FSBL: 隔離コンフィギュレーションがバイパスされる (OCM を除く)

説明

隔離コンフィギュレーションが Vivado でイネーブルになっていると、psu_init で多数のファンクションが作成され、ハンドオフ中に FSBL によって呼び出されます。

デフォルトでは、隔離コンフィギュレーションが Vivado でイネーブルになっていても、XMPU および XPPU をコンフィギュレートするこれらのファンクションは FSBL では呼び出されません。

隔離コンフィギュレーションが Vivado でイネーブルになっているときに FSBL でデフォルトで呼び出されるファンクションには次のものがあります。

 

  • psu_apply_master_tz();
  • psu_ocm_protection();

ソリューション

フル隔離コンフィギュレーションを適用するには、FSBL で FSBL_PROT_BYPASS_EXCLUDE を定義する必要があります。

この場合に呼び出されるファンクションは次のとおりです。

  • psu_apply_master_tz();
  • psu_ddr_protection();
  • psu_ocm_protection();
  • psu_fpd_protection();
  • psu_lpd_protection();
AR# 70237
日付 12/18/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール